英語力アップのための発音学習


皆さんは発音を学習することについてどう思われますか?

発音学習ほど、取り組む人と取り組まない人の差が極端な分野はないと思います。
「発音なんてどうでもいい。日本人英語でいいじゃないか」という意見。
そうかと思えば、発音に関する書籍がよく売れていたり、発音専門のスクールもあるほど。

今回の記事では、発音学習の意義を再検証、方法を紹介しながら、発音学習を通じた英語力アップについて考えてみたいと思います。

発音を学習する意義

私の考える発音学習の意義は以下の二つです。

  • 相手に言いたいことをスムーズに伝えられる
  • リスニング力がアップする

この二つ。考えてみれば当たり前のことかもしれません。発音=英語を声に出すこと。自分が意見を相手に伝える際にも、音声を使ってコミュニケーションをとりますし、相手からの意見を聞く際も同じことです。

「日本人英語でいい」というのは、完璧を求めて口数が少なくなってしまう人にとっては、大いに勇気づけられる意見だと思います。私自身もその姿勢自体には賛成です。

ただ、リスニングとなると話は別です。
正しい音を聴き取れる力は不可欠であり、そのためには自分も正しい発音を理解しておく必要があると考えます。

具体的な学び方

まず、発音記号を読めるようにしましょう。
それによって、辞書を見るだけで初見の語を発音することができるようになります。
(発音記号の読み方については、次項で紹介する書籍でご確認ください。)

また、以前ご紹介したオンライン辞書の一つ、goo辞書では、汎用の発音記号が表記されていて(フォントの関係でサイトによっては独自表記のところもあります)、正しい発音を聴くことができます。
記号の発音を確認した後に、新出単語や、うろ覚えの発音の単語を確認していくことをお勧めします。

発音に関する書籍

発音に関する書籍の有名どころです。私自身は、1冊目の岩村圭南先生の本を使用していましたが、気軽に取り組めるスタイルで大変おすすめです。
音読で鍛える英語の発音―読んで・聞いて・声に出す英会話練習法 (英語トレーニング・シリーズ)

英語のリスニングは発音力で決まる!

これだけで聞ける・話せる UDA式30音でマスターする英会話

おわりに

完璧を目指して挫折してしまっては本末転倒です。発音学習の利点を踏まえた上で、戦略的に英語力アップにつなげていきましょう。

1Pingbacks & Trackbacks on 英語力アップのための発音学習

  1. […] Home » Headline, 発音 前の記事:英語力アップのための発音学習 […]

Leave a Reply