”戦略的” 英語学習計画のススメ - その1:計画を立てることは楽しい


皆さんは、英語学習をする際、どのように計画をたてますか?
計画と一口にいっても、「問題集を1日○ページ解こう」という短期的なものから、「英語を使って自分が何をしたいのか」、それを見据えた上での長期的学習計画まで、さまざまな計画があると思います。
今日お話しさせていただく「計画」は、長期的計画を指します。

これから数回に渡り、”戦略的” 英語学習計画のススメというシリーズで、「計画」の重要性、立て方、実行の方法などをご紹介していきたいと思います。

「楽しく学習していたら、力が付いていた」のワナ

巷では、「楽しく学習していたら、力が付いていた」というような、魅力的なフレーズを謳う学習教材なども売られています。
「楽しく」の魔法は、そういう教材に限らず、学習法としても流行しているように感じます。
「楽しく海外ドラマを見ていたら、英検1級に合格した」
そのようなことを聞くと、つい真似してみようという気になってしまう方も、少なくないのではないでしょうか。
私は、海外ドラマで学習をすることや、実際にそれで1級合格された方を否定する気は一切ありません。
しかし、これから英検合格を目指そうという方が、「楽しく」の部分にだけ魅かれて、その方法を選んでしまうとしたら、ちょっと待って考え直して欲しいと思うのです。

「楽しく学習していて、気づいたら、目標達成していた」
楽しむのはもちろん素晴らしいことですが、そうしていれば「気づいたら自動的に」夢がかなう、そう誤解して欲しくはありません。

「楽しさ」は自分で作ることができる

学習の内容自体に、「楽しい」「楽しくない」があるわけではありません。
「洋書やドラマで勉強するのは楽しい。問題集で勉強するのは楽しくない。」
そうではないのです。
実際、私自身、現段階では正反対の状況になっています。

「問題集で勉強するのが楽しい」
なぜ楽しいかというと、自分の立てた目標(現在、国連英検取得を目指しています)に対し、その実現のための計画をたて、それに従って自分が歩みを進めているのを実感することができているからです。

この楽しさは、一言では言い表せないほど、充実感・持続感のある楽しさです。

自分がこの単語を覚えること、この問題を解くことが、目標・夢の実現につながっている。
それを自覚しながら、学習するのとしないとでは、内容の身に付き方、効果のほども、大きく差が出てくるのです。

計画を立てるためのファーストステップ

計画を立て、実行することで、そのような楽しさ(充実感)を感じることができる。
そして、学習内容の身に付き方も変わってくる。
計画を立てることの重要性・メリットを、今回ご理解いただけたと思います。

「では、さっそく計画を立ててみよう。」

ちょっと待ってください。

長期的計画を立てる上では、自分が英語を使って何をしたいのか、それをはっきりさせることが大変重要になってきます。

次回の記事では、「自分が英語をつかって何をしたいのか」、それを見つけるヒントをご紹介したいと思います。

[ad#blogmura]

1Pingbacks & Trackbacks on ”戦略的” 英語学習計画のススメ - その1:計画を立てることは楽しい

Leave a Reply