Posts Tagged ‘レベル判定’

レベルにあった英字記事が読めるサイト: Lexile リーディングガイド

英字記事はレベルにあったものを読むべき。
そうはいっても、どれが自分のレベルに合っているのかは、なかなか判断が難しいところだと思います。

実は、何から読もうか迷っていらっしゃる方に、とっておきのサイトがあります。

Lexile リーディングガイドとは

そのサービス(無料)は、Lexile リーディングガイドといいます。
このサイトはTOEICが受験者のリーディング向上力のために提供しているサービスで、利用するにはまず、TOEICを受験していること(=TOEIC SQUAREに登録していること)が必要となります。

サイト内の説明によると、Lexile指数とは、”米国ノースカロライナ州の教育測定会社MetaMetrics®社が開発した、「リーディング能力」および「文章の難易度」を示す指標”
とのこと。世界的に使われている信頼のおける指標のようです。

※TOEICリーディングスコアとLexile指数の関係については、こちらのページでご確認ください。

実際に使ってみた

どのような記事を提供してくれるのか知りたいと思い、私も実際に登録してみました。

登録ページ

TOEICの受験年度やリーディングのスコア、興味分野などを入力するだけで簡単に始められます。

(1)トップページ。青枠の中に、リーディングスコアから導き出されたLexile指数、興味ジャンルなどが表示されています。

(2)ページ下部にスクロールしたところ。おすすめの英字記事、さらにレベルにあった洋書も表示されています。

(3)実際に記事を選んで開いた画面。読み終えたら、終了ボタン(青枠内)を押します。

(4)ジャーナルという「これから読みたい記事」「読んだ記事」を保存しておける機能があります。
(2)の画像内の各記事の下部にある「ジャーナルに保存」を押すか、(3)のように記事を読んだ後「終了」を押すことで、ジャーナル内に保存されます。
保存した記事は、未読と既読でフィルターをかけて表示ができます。(青枠内)

このように使うのがおすすめ

実際にしばらく使ってみた感想ですが、最初に読む記事を選ぶきっかけとするのに、とてもよいサイトだと思いました。

ただ、記事が頻繁に更新されるわけではないこと、記事媒体が限られていることから、慣れてきたら、直接自分で記事を選ぶようにしていくほうがいいでしょう。

このサイトでどのような媒体が自分のレベルに合っているのかを知り、今度はその媒体のページ(例:CNNやHuffington Post)で直接興味のある内容の記事を検索して読んでいくようにする。そのような使い方をお勧めします。

レベルにあった記事がわからず困っていらっしゃる方は、ぜひこのサイトを試してみてくださいね。

Lexile リーディングガイド

(記事媒体の数も多く、他にも読んだ単語総数を記録したり、読むのにかかった時間を測定できる便利機能がついた有料サービス、Engaging Englishもあります。こちらのページ下部の説明をご覧ください)

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ

Readingスピードを把握する

英語の文章を読む時に、自分がどれくらいのスピードで読めるか意識したことはありますか?普段は、時間制限もなく、好きなように読めばよいのですが、英語の試験や仕事などで、時間制限内に読解から多量の情報を得なければならない場合、どれだけ早く正確に読めるかが大事なポイントになってきます。まずは、現在のReadingレベルを把握してみるところから始めませんか?

以前、英語学習関連記事を読み漁っていた時に、英語のネイティブ話者のReadingスピードは800語/分である、という記述を見つけ、大変驚きました。多言語英語学習サイト、LingQ の掲示板でネイティブスピーカー達に聞いてみたところ、800語/分で読める人はいなかったものの、350語/分程度ということでした。私が多読を始めた頃にリーディングスピードサイトで測ったところ、簡単な子供用の本で100〜120語/分でしたから、ネイティブとはかなりの差があります。いきなりネイティブと同じスピードで読めるようにはなりませんので、時々リーディングスピードを測って現在の実力を把握することは有用だと思います。

オススメのサイトは、以前にエミコさんも紹介してくれた、Free Speed Reading Test by AceReader 。このサイトの良いところはレベルと読む分野が選べるところです。レベル1−13まで、子供、大人、上級とレベルが分かれているので、自分のレベルに合ったテストを受けることができます。また、読む素材が一般、歴史、科学、有名人の話などバラエティに富んでいますので、得意分野・不得意分野でのリーディングスピードを測定することも出来ます。読み始めと読み終わりにボタンを押し、理解度テストを受けます。問題は4問あり最後にリーディングスピードと正答率が出る仕組みです。

Speed Reading Test Online

こちらは単純に読み始めにスピードボタンを押し、読み終わったら終了ボタンを押して測定するサイトです。平均的な読み手は、コンピューター画面では200語/分、紙面では240語/分、理解度60%ということです。優れた読み手になると、画面で300語/分、紙面で400語/分、理解度80%となるようですね。実際、LingQフォーラムで質問に答えてくれた人たちはだいたいこのレベルの人が多かったようです。

 

How Fast Do You Read

こちらは、スタートボタンを押して文章を読み始めて1分たつとAlertがでます。1分間で読めた文章の最後の単語をクリックすると測定結果がでます。

 

TurboRead Speed Reading

こちらは、800ワードの文章を読んでリーディングスピードを測るサイトです。

 

定期的にリーディングスピードを測定する

私は、多読で100万語読む度に計測しなおしています。じわじわとリーディングスピードが上がってくるのがわかるので、定期的にリーディングスピードサイトを使ってみると、進捗度が目に見えて楽しいと思います。多読を始めた頃は100~120語/分、100万語で150語/分、500万語で220語/分、600万語で250~270語/分でした。800万語の時点で、Free Speed Reading Test by AceRead をやってみた時は、大人レベルの一番上で、一般的読み物のスピードは227語/分、アドバンスレベルは平均200語/分で理解度75%〜100%でした。

Reading Power: Reading For Pleasure, Comprehension Skills, Thinking Skills, Reading Faster という本に、速読の3つのコツが書いてありました。

1. Check your reading habits.

2. Skip over unknown words.

3. Practice reading faster by timing yourself.

まずは、ステップ1の自分の読み方を把握するためにも、リーディングスピード測定サイトを利用してみてはいかがでしょうか。返り読み癖などがあると、自分が平均的な読み手よりもかなりスピードが遅い、読めているつもりでも、制限時間を設けられると理解度が悪くなる・・などということに気づくと思います。

[ad#blogmura]

 

 

英作文レベルチェックをしてみよう

自分で書いた英作文のレベルを定期的にチェックすることができたら、よりよい英文を書く励みになりますよね。今回は無料で英作文のレベルチェックが出来るサイトをご紹介します。

 

Bluecentauri は無料で英作文のレベル判定をしてくれるサイトです。使い方も簡単で、登録もいりません。

まずは、自分の作文をコピーして、四角の中にペーストしたら、Analyzeボタンを押すだけ!

 

結果はこんな感じ。

 

使用したのは私のブログ記事で使用した英文です。

 

Words Per Sentenceには、1センテンスあたり何語使用されているかが書かれています。10語以下のセンテンスが続いていると、子供が書いた英文のような雰囲気になっていまいます。あまり冗長になるのもよくありませんし、短いセンテンスをand やbut で連ねていくのもよくないとされています。ネイティヴ並みの「英語の書き方」がわかる本では、中学生で1センテンスあたり11ワード,大人で21ワード使用しているとのことですので、この数字を参考にするとよいと思います。

 

Flesch Reading Easeは、英文の読み易さを測るスコアです。1−100点まであり、点数が高いほど読みやすいとされます。こちらのサイトの説明では、60〜70がアメリカの中学2−3年生レベル、50−60が高校生、30以下が大学卒業レベルとなっています。こちらのサイトに日本語でのわかりやすい説明がありました。それによると、

“ザ・ハーバード・ロー・リビュー”というハーバード大学法学部の出版物は30点台前半のスコアがついています。リーダーズ・ダイジェストは65点、タイム誌は52点です。

とのことです。私の作文は59.77だったので、やっと中学を卒業したくらい、というレベルでしょうか…。

Fog Scale Levelは、文章とシラブルによって計算される指数のようです。Fog scaleが 5 は読みやすく、10から20になるに従い難しいとされます。New York Times の平均 Fog Index は11-12、Time magazine は約11だそうです。

Flesch-Kincaid Grade Level は、その英文を理解することの出来る学年のレベルをあらわしています。私のスコアは10.5なので、英語圏の10〜11年生(中学2−3年生)が理解できるレベルということです。

 

自分が書く英文が英語圏の学生と比較してどのレベルにあるのか。そして読み易さはどうか。ライティングの評価はなかなか評価が難しいですが、定期的にレベルチェックをすることで、幼稚な文章から脱却できるきっかけになるかもしれません。

[ad#blogmura]

 

 

ネイティヴ並みの「英語の書き方」がわかる本

 

 

易しい素材で多聴のススメ

多聴というと、とにかく量をこなせばいい、と考えていませんか? ほとんど聞きとれない英語を集中して聞くことができますか?あまりにも内容がわからないものを長時間聴き続けていても、途中で集中力が途切れてぼんやりしてしまうのがオチではないでしょうか。聞き取れるようになりたい!という強い願いがあったとしても、ただやみくもに聞いているだけでは聞き取れるようにはなりません。自分のレベルに合ったものを見つけることからはじめましょう!今回は初心者用リスニング素材をご紹介し、易しい素材を聞くことで得られる効果について考えてみます。

スクリプトを見ずに耳だけで聞いて、8−9割方わかるものが理想です。無料サイトのなかで、一番カンタンなのが、Spotlight ではないでしょうか。Spotlightは1500語という限られた範囲の単語を使って毎回様々なトピックをカバーしている英語サイトです。読み上げスピードは90語/分と、普通の会話のおよそ半分です。また、1文に1アイデアというルールがあるため、複雑な構文はありません。超低速ですので、これをスクリプトなしで聞きとれないようなら、ここでしっかりリスニングに慣れる必要があります。

次に易しいのがVOA Special English です。こちらも1500語以内で構成されていますが、Spotlightとは語彙リストは少し異なるようです。読み上げスピードは、通常会話の2/3と設定されていて、Spotlightよりはやや速いもののかなりの低速です。トピックは時事ニュース、教育、健康、一般など多岐にわたります。VOA Special Englishが簡単すぎるようであれば、通常のVOAでもいいと思いますが、これが楽に聞き取れるようなら、その他のニュース等もさほどかわらないのではないでしょうか。

オーディオブックでもっとも簡単な部類に入るのは、Frog and Toad シリーズ だと思います。VOA Special Englishよりは速いですが、それでもオーディオブックとしては超低速です。これが聞きとれないのであれば、オーディオブックにチャレンジする前に、もう少しレベルの低いものから始めたほうがよいのではないかと思います。

オーディオブックで次の段階は、Magic Tree Houseシリーズではないでしょうか。語数制限はありませんが、シリーズに出てくる単語は高校を卒業程度の学力でカバー出来るものがほとんどです。読み上げスピードは特にゆっくりではありませんが、お母さんが4歳児に読み聞かせをしているような感じです。本来であれば、学校でちゃんと英語を学習していたのであれば楽に聞きとれないといけないレベルではないかと思うのですが、残念ながらこの本をスクリプトなしで1回で理解できる初級者の方は多くはないのではないでしょうか。オーディオブックで英語を学習したいけど、聞き取れるものがあまりない・・という方は、Magic Tree Houseシリーズなど1編が1時間以内で、シリーズがたくさんある本を”読みながら聞く”ことで、オーディオブックリスニングへの導入としてみてはいかがでしょうか。

SpotlightやSpecial Englishをバカにしてはいけません。おそろしく低速で使用されている語彙も1500字以内と簡単ですが、これを”なんとなく”ではなくて、くっきりはっきり聞き取れるでしょうか。易しい素材を聞くことで、”スラスラ聞き取れる”を是非体感してください。1語1語つっかかることなく、文節、文章ごとで音を捉えることができ、意味のあるかたまりとして認識できる。それが出来ないと、次のレベルに進んでも同じような問題で躓くと思います。

易しい素材を聞くときに特に意識したいのが、音声で得た情報を日本語を介さずにイメージで捉えることです。通常スピードのニュースをいちいち頭の中で訳していたのでは到底追いつきません。スピードがゆっくりめの素材を聞きながら、イメージで理解できるようトレーニングすることで、その後徐々にレベルをあげていっても、あまり負荷がかかることはないと思います。聞く→イメージで捉えて理解する訓練をするには、ゆっくりめの素材で慣れるといいと思います。なかなかリスニングが上達しない、と悩んでいる初級者の方は、思いきっていったんグッとレベルを落として日本語を介さないで理解することを心がけるようにしてください。

オンラインレベル判定テスト

英語学習をしていると「どれくらい上達したかな?」と気になるものです。
自分で実感できればいいのですが、やはり自分ではなかなか分かりません。TOEICや英検などの試験も一つの目安とはなるものの、特に資格を取る必要性がなければなかなか受験するまで至りません。
しかし何か指標が欲しいですよね。

今回はネットで気軽にレベル診断することができるサイトをご紹介します。
アルクの診断コーナー単語力など日本人学習者向けのものはもうご存知かと思いますので、世界中の英語学習者向けに作られた物を中心に少しずつご紹介していきたいと思います。
レベル診断と言っても厳密なものではありませんから、ちょっとした目安として考えてください。

——————————————————————————-
Complete Lexical Tutor

英語教師のためのボキャブラリー・ラーニングの著者である言語学者ポール・ネーション先生が開発されたテストです。
Level Test: Recognition の 1k,Form1と1k,Form2は三択テストです。問題の文章や図を見て、True か Not True、分からないの3つから選んでいきます。問題は比較的易しめです。
次の2-10kというテストは左列の6つの選択肢の中から、右列の3つの単語の同義語をそれぞれ選んでいきます。
1-14kは太字の単語の定義を選ぶ形式になっています。種類も14種類あるのでやりがいがあります。
それぞれ回答した後に右側の「SCORE」ボタンを押すことで判定されます。

——————————————————————————-

edict virtual language centre

文法テスト50問が2種類、リスニングテスト100問のテストが準備されています。
名前を入力する箇所がありますが、特に会員登録の必要もありません。
上記テストを全て解いた合計得点で、自分のレベルをIELTSやケンブリッジ英検のレベルに換算するための表があります。

文法テストはTOEICのパート5や6のような形式で、正しい文法で書かれているものを選択肢から選ぶようなテストです。
文法のテストなのでわからない単語は調べても良く、なんと分からない単語をダブルクリックすると親切なことに下のフレームに定義が表示されます。
それ以上に親切な点は、診断ボタンを押した後に出る解答です。
どれを間違えたかだけでなく、どういう点を間違えたか、その文法を確認するためのページのリンクも表示されます。もちろん英語での説明ですが、日本語で書かれている文法書よりも英語で書かれている説明の方が分り易い場合もあるので、一度英語で英文法を勉強してみるのもいかがでしょうか。
ただデザインのせいか文字が読みづらかったり、分かりにくい所があります。

——————————————————————————-

このように手軽にレベル判定できるサイトを、日頃の学習のモチベーション維持やちょっとした息抜きに利用してみてください。
まだまだこのようなレベル判定ができるサイトはたくさんあるので、少しずつご紹介していきたいと思っています。