Archive of ‘ヴァーチャル夏休み(共同学習企画)’ category

【ヴァーチャル英語部】 第3回 「ヴァーチャル夏休み」開催のお知らせ

7月21日。
多くの小・中・高校では、夏休みが今日から始まることと思います。

長い長い夏休み。
大人の私達には、残念ながらこれほどまとまった休みをとることはできませんが、気持ちだけでも「夏休み」を体験してみませんか?
自分で設定した「宿題」(目標)を実践し、やりとげる。
この夏が終わるころには、一歩成長した自分に出会えることでしょう。

ここに、「第3回 ヴァーチャル夏休み」のスタートを宣言します!

ヴァーチャル夏休みとは

ヴァーチャル夏休みとは、「子供たちが夏休みとなる期間を前向きに過ごしたい」という趣旨で、なぼむしが始めさせていただいた企画です。

以前の活動報告:
「ヴァーチャル夏休み」参加へのお誘い 

第2回ヴァーチャル夏休み★まもなくスタートです!!

(両記事とも、英語表現・ことわざメモ ~奪取・英検1級編~より)

一昨年、昨年と、通算40名を越える皆さまにご参加いただき、2回とも大成功のうちに期間を終了させていただいています。

こちらに第2回メンバーさんのお名前があります)

何をするの?

先ほど冒頭で書かせていただいた通り、

自分で設定した「宿題」(目標)を実践し、やりとげる。

やることは、それのみです!

「問題集を仕上げる」でもいいですし、「洋書を1冊読む」でもいいです。
「単語を○○個覚える」「英字記事を○個読む」「○時間リスニングする」、本当にどんなことでもOK.
分野ごとの目標を掲げてもいいし、一つに絞るのもいいですね。
極端な話、別の言語でも構いませんし、語学じゃない目標を混ぜても大丈夫です!

ご自分がやりたいと思ったことを、自由に設定してください。

それが、大人の「夏休み」のいいところです。

参加方法

”仲間の頑張りを目にすることで、自分も頑張ろうと思える”

これは、参加メンバーさん全員がおっしゃってくださることです。

今回はそれを最大の目的とし、若干、参加方法を改訂させてもらっています。

(1)この記事のコメント欄、もしくはご自身のブログがある方はブログの記事に、「第3回 ヴァーチャル夏休み」の目標をご記入ください。

(ブログに書いてくださる場合は、この記事にリンクを貼っていただくと助かります。より多くの方に知っていただくために、ご協力いただけるとうれしいです。)

(2)twitter(ツイッター)をご利用でない方は、登録してください。(今回より、参加にはtwitterが必要となります)

(3)ご自身が学習した内容をtwitterでつぶやいてください。その際、つぶやきの中に、ハッシュタグ #vana3 をご記入ください。

例: トレーニングノートαの関係詞のページをやりました! #vana3

(記入の際にハッシュタグの前には半角スペースを入れるのをお忘れなく)

以上です!

つぶやきをご覧いただくと、#vana3 の部分がリンクになっていることと思います。
それを押していただくことで、仲間の頑張りを見ることができます。
「自分だけではないんだ」と心強くなるのはもちろん、「私ももっと頑張りたい!」とやる気をもらうことができます。

まずはお気軽に参加してみてくださいね♪

ぜひ多くの皆さまと「熱い夏」を送れるのを、楽しみにしています!


ご質問、ご不明な点、熱い参加表明ツイート(!)など、なんでもつぶやきお寄せくださいね♪

「ヴァーチャル夏休み」 企画主催(「ヴァーチャル英語部」)代表アカウント: @100wishlist

「ヴァーチャル夏休み」 やる気隊長 なぼむし : @nabo64

(ご質問などには @nabo64 のほうが早く対応させていただけると思います)

[ad#blogmura]

【ヴァーチャル英語部からのお知らせ】年末企画に参加された皆さんへ

ヴァーチャル英語部、やる気隊長なぼむしからの業務連絡です。

 

昨年の年末企画、「2010年、これだけはやりとげたい!」には、計7名のヴァーチャル英語部メンバーさんにご参加いただきました。

宣言のコメントをありがとうございました!

いかがでしたか?

目標を達成することはできましたか?
(私自身、言いだしっぺとしてどうしても成功させたくて・・・大晦日に尋常じゃない量をこなし、滑り込み達成しました)

是非皆さま、目標に関してのご報告をしていただけるとうれしいです。

前回記事の宣言コメントの欄にReplyボタンがありますので、そちらに返信する形でお書きくださいね。

もちろん今からでも目標達成は遅くありません。

大切なのは、「これをやろう!やりとげるぞ!!」という熱い気持ちになること。
そして、一度始めたことを最後まで終わらせること。
やり遂げた充実感、自信が、今年の英語学習をさらによいものへと導いてくれるはずです!

 

なお、ヴァーチャル英語部では、今年もこのような集中学習企画をたくさん主催し、メンバーみんなで学習のモチベーションをアップしていきたいと思っております!

ぜひ、今年もヴァーチャル英語部をよろしくお願いいたします。

2011年1月9日 ヴァーチャル英語部「やる気隊長」:なぼむしより

学習集中期間を設ける~ヴァーチャル英語部・年末企画のお知らせ~

学習のモチベーションを維持する。
その大変さは、学習者の皆さんなら誰もが経験されることと思います。
自分の「やる気」の操縦法。それが分かれば、学習は苦痛ではなくなります。
今日は、その方法の一つをご紹介したいと思います。

「学生の勉強」と「大人の学習」

学生時代の勉強と大人になってからの学習の違いの一つは、モチベーションが保ちにくいことです。
学生時代は定期テストがあり、お尻を叩いてくれる先生の存在がありましたが、大人にはどちらもありません。試験を受けるにしても、自分の意思でそれを決め、その目標に向かう必要があるのです。
自分自身で自分のやる気を操縦する。これが大人の学習にとって最も大切なものと言えます。

集中期間を設ける

試験という短期間の目標がある際には、やる気の操縦も比較的簡単です。
では、今は試験を受験する予定はない、もう目標の資格は取得したという場合、やる気を出すのは無理なのでしょうか?

私はそうではないと思います。私自身、試験受験から離れて4年以上が経ちますが、その間、学習に関していろいろな波を経験しました。そうした紆余曲折の中、やる気の出し方のコツがだんだんと分かってきました。

それは・・・

期間を決めて、その期間に達成したい目標を設定する

ということです。

この方法には2つの利点があります。

一つは、学習のマンネリ化を防ぐこと、もう一つは、設定した目標をやり遂げることで、充実感が得られることです。
自分自身が自分の先生となって、課題を自分に出してあげる。そのご褒美は、自分自身がそこで得られた力、経験です。(「○○ができたら、△△を買う」などと、実際のモノもご褒美にしても楽しいです!)

ヴァーチャル英語部・年末企画へのお誘い

2010年も残すところ、あと半月です。
年末のあわただしい時期。学習ペースも乱れがちになります。
それを逆手にとって、普段とは違うアプローチで学習してみませんか?

ヴァーチャル英語部では、年末企画「2010年、これだけはやりとげたい!」を、本日12月14日(火)より開催します。

年末までにやり遂げたいことを一つだけ宣言し、それを達成する喜びを味わいませんか?

そこで得られた自信は、2011年の英語学習に大きな弾み・原動力となります。

「単語を100個覚える」「問題集を○○ページ終わらせる」「途中になっていた洋書を1冊読み切る」「リスニング○○時間達成する」・・・どんなことでも構いません。

コメント欄に目標を宣言してくださいね!

ヴァーチャル英語部・連絡事項

ヴァーチャル英語部でtwitterを利用してくださっている皆様へ

この企画は期間も短いので、専用のハッシュタグは設定しません。
但し、今後「ヴァーチャル英語部」全般に関するハッシュタグ、#vireng を設定しますので、これを使って進捗状況などをつぶやいてくださいね!

2010年、ラストスパート!
一緒に頑張りましょう!!

1 2 3