Archive of ‘ヴァーチャル夏休み(共同学習企画)’ category

第6回 ヴァーチャル夏休みを開催いたします! #vana6

子供の頃、待ちわびていた夏休み。
大人になると、あれほど長い休みをとることは不可能だし、夏だからこそ、暑さで勉強が気乗りしなかったり、家族のこと、イレギュラーなイベントで普段の勉強のペースが保てなくなる・・・。

これは、自分がまさに6年前の今頃、感じていた気持ちです。

でも、どうせ大変なのだったら、それを逆手に取って、いつもはできないこと、この時期だからできることを頑張って達成してみよう。自分で決めたことを守る(やり遂げる)ことができたら、それは大きな自信になるはず!

そんな思いで始めたのが、この「ヴァーチャル夏休み」という企画です。

ヴァーチャル夏休みとは?

おかげさまで、このヴァーチャル夏休み(通称:ヴァ夏)も、6回目を迎えることができました。
今まで参加していただいた皆さまには、この場をお借りして、お礼を申し上げたいと思います。

この企画では、自分で自分に「夏休みの宿題(=課題)」を設定し、それを宣言、その進捗を報告しながら、参加者の方どうし交流、励まし合い勉強をします。
一人では続けるのが難しいことも、共に頑張る仲間がいると思うと頑張れる。
そして、頑張れたこと、達成できたことが、その後の自信へとつながる。

それが、多くの方、そしてリピートで参加していただけている理由と思っています。

(毎年、参加期間は、子供たちの夏休み期間に準じて、7月21日〜8月31日とさせていただいています。途中参加ももちろんOKです!)

具体的な参加方法

記事を見て、興味を持ってくださった方、参加方法は、とてもカンタンです。

(1)この記事のコメント欄、もしくはご自身のブログがある方はブログの記事に、「第6回 ヴァーチャル夏休み」の目標(=宿題=課題)をご記入ください。

(ブログにリンクを貼っていただく際にはこちらの記事へのリンク http://100wishlist.com/2014/07/15/ を貼っていただくと、当企画をご存知でない方にも内容をご理解していただけるかと思います。ご協力をお願いします)

(2)twitter(ツイッター)をご利用でない方は、登録してください。

(3)ご自身が学習した内容をtwitterでつぶやいてください。その際、つぶやきの中に、ハッシュタグ #vana6 をご記入ください。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

つぶやき例

オンライン英会話に30分参加 #vana6

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

※つぶやいていただく際に、「#」の前には必ず半角スペースを入れてください。この半角スペースがないとハッシュタグとして認識できなくなってしまいます。

※ハッシュタグをクリックすることで、このハッシュタグを入れてつぶやいている方々のつぶやきを一覧で見ることができます。同じ課題に取り組まれている方、興味ある内容に取り組まれている方との相互交流にもお役立て下さい。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

合わせまして、第6回ヴァ夏専用のtwitterリストを作成させていただく予定でおります。
ご希望の方は、リストに登録させていただき、その中で参加者さん同士、さらに交流を深められればと思っております。

※リストに関しては、100 WISH LIST のツイッターアカウント @100wishlist 内に設定させていただきます。

過去の開催報告&「ヴァ夏」はあなたが主役です!

こちらは、現在までに皆さんにご参加いただいた、ヴァーチャル夏休みの記録です。
コメント欄をご覧いただいて分かるように、皆様それぞれが、英語学習、時に英語ではない言語や学習分野、学習とは直接関係のないことも織り交ぜながら、自由に楽しく課題を設定していただいています。

第1回 ヴァーチャル夏休み

第2回 ヴァーチャル夏休み

第3回 ヴァーチャル夏休み

第4回 ヴァーチャル夏休み

第5回 ヴァーチャル夏休み

今年もぜひ多くの方に、ヴァ夏にご参加いただけることを楽しみにしております。

正式なスタートは7月21日からとなりますが、ぜひそれまでに「どんなことをしようかな?」のワクワクを楽しんでくださいね!)

※もしもご質問などありましたら、「ヴァ夏」企画責任者 なぼ @nabo64 までぜひお気軽にお声がけください。

それでは、どうぞよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ

「第5回 ヴァーチャル夏休み」、本日終了です! #vana5

2013年7月21日にスタートしました、夏の学習企画、「第5回ヴァーチャル夏休み」。
おかげさまで、41名もの学習者の皆様にご参加いただき、盛況の中、本日無事に最終日を迎えることができました。
今日は、企画についての総括記事を書かせていただくと共に、参加してくださった皆様への”ヴァ夏”の最後の「宿題」についてご連絡したいと思います。

「ヴァ夏」の企画意図について

おかげさまで、今年5回目を迎えることができました、「ヴァーチャル夏休み」企画。
実は、最初は、とても個人的で、しかもあまり大きな声では言えないような気持ちがきっかけで生まれたものでした。
当時、長子の初めての小学校の夏休みを前に、「あわただしい日々が42日間も続くの?」と、すっかり及び腰になっていました。それなりにできつつあった学習習慣のペースも乱れてしまう・・・。
そんなふうに感じてしまう自分がなんだか嫌でした。
どうせ忙しくなるならば、この期間をイベント・お祭りにみたいに考えて、逆にいつもはできないことに取り組む期間にしよう。そのような思いを打ち明けたところ、多くの英語学習仲間の皆さんにご賛同いただき、始まった企画でした。

その後、回を重ねるごとに、この期間に集中して学習を行うこと、そしてそれを自分一人だけではなくて、仲間に宣言してやり遂げることに大きな意味があるということを、身にしみて実感するようになりました。
課題をやり遂げられた時には充実感を、やり遂げられなかった場合にも、「これからはこのようにしよう」と今後の方針を考える大きなヒントとすることができました。

今回、企画にご参加いただいた皆様にも、今回の活動を通して、何らかの発見、気持ちの変化を感じていただくことができましたら、それ以上に嬉しいことはありません。

参加してくださった皆様へのご連絡

今回ご参加いただいた皆様に、この期間の頑張りをこれからにつなげるための”宿題”をいくつか提案させていただきます。
強制ではありませんので、ぜひ楽しんで取り組んでいただけると嬉しいです。

・宿題(目標)の達成状況をご報告ください
「ヴァ夏」にご参加いただくにあたり、必ず宿題(目標)宣言を頂戴しております。
ヴァ夏開始告知のブログ記事、ツイッター、ご自身のブログ、Facebook等)
その宿題に取り組んだ成果について、できるだけ早いうちに(目安は1週間以内)ご報告をお願いします。

報告に関しましては、「できた/できなかった」だけではなく、「今後の学習にどのようにつなげていきたいか」、それも合わせて書いていただければと思います。

(偉そうに言えることではありませんが、企画者本人が、自身の目標に関して反省点満載です・・・。今後の学習につなげるために、しっかりと改善すべき点について考えたいと思っております)

成果の報告についても、どの場所に書いていただくかは自由とさせて頂きますが、ヴァ夏開始告知のブログ記事に投稿いただいている皆様には、その投稿への返信コメントとしてご記入いただけると助かります。
(来年以降、ご参加される皆様への励みとなることと思います。ぜひよろしくお願いいたします。)

・#vana5 タグはご自由にお使いください
ツイッターで学習報告をする際にご記入いただいた、#vana5タグにつきましては、今後もぜひご自由にご活用ください。

期間中は、仲間の頑張りを見るためのタグとしてご利用いただいていましたが、今後も学習ログの確認という用途で使っていただけると嬉しいです。

Twilogというページをご利用いただくと、ご自身の投稿の中の #vana5 タグ付きのつぶやきのみ検索して表示させることも可能ですので、ぜひご活用ください。

・リストで今後も交流を
企画をさせていただいている中で、一番嬉しかったのが、参加者さん同士が学習している内容についてお話されたり、交流されている様子を拝見することでした。
是非、この期間だけで終わることなく、今後も仲間として楽しく学習を続けていくことができればと思っております。

ご参加いただいているメンバーさんのツイッターリストを、期間中に作成させていただきました。

http://twitter.com/100wishlist/lists/vana5

ぜひこのリストをご活用いただき、今後も楽しく交流できればと思っております。

(手動登録させていただいております。登録漏れ、途中からのご参加などでお名前がない場合などは、お手数ですが @100wishlist までご連絡いただけると助かります。)

補足:Facebookページについて

「ヴァーチャル夏休み」等の学習企画を行う際の名称として、「ヴァーチャル英語部」という名称を使用しておりましたが、今回のヴァ夏を機に名称を廃止、100 WISH LISTの企画として統合させていただくこととなりました。

名称は変わりますが、今後も「皆で頑張れば、自分だけで頑張るよりもっと大きな力を発揮できる」、そのポリシーのもと、いろいろな学習企画を行っていきたいと思っております。
どうぞよろしくお願いいたします。

合わせまして、Facebookページの名称も、「ヴァーチャル英語部」より、ブログ名の「100 WISH LIST」に変更させていただいております。
こちらの方で、企画の告知やブログ記事告知、Fbページのみの限定投稿等も行っていきたいと思っておりますので、是非ご活用ください。
(ページのほうに「いいね!」を頂けると、ものすごく嬉しいです。)

100 WISH LIST (Facebook ページ)
http://www.facebook.com/pages/100-WISH-LIST/159863940737023

おわりに

最後になりましたが、今回ヴァーチャル夏休みにご参加いただきました皆様、本当にありがとうございました。これからも、英語学習を共に頑張っていく「仲間」として、仲良く、そして切磋琢磨して行けると嬉しいです。

どうぞよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ

短期間に集中して学習を行う効能 ~「ヴァーチャル夏休み」参加のお誘い~ #vana5

語学を身につけるには、長い時間がかかる。
たった数日や数週間くらいでは、何も変わらない。
そう思われる方も多いのではと思います。

確かにそんな短い期間で、英語をペラペラに話せるようになったり、望む英語資格が取れる力が付くわけではありません。
ですが、短期集中して学習を行うことには、思わぬ効能、メリットがあるのです。

結果が出るまでには時間がかかる

今回の記事を書くにあたって、たまたま見ていた「ほぼ日手帳」のページに、このような文章が掲載されていました。

夏、がんばった人の成果は、2、3カ月後に必ず出ます。タイムラグがあることに注意。
成果が出るのは秋ですから夏は、ある意味、我慢が大切です。一番よくないパターンは、成果がすぐに出ないことにがっかりして、そこであきらめてしまうことです。
そうではなくて、そのまま、秋まで続けることが重要なんです。
その意味でいうと、夏というのは、「勉強を習慣づける」季節、「勉強するクセをつける」季節だといえます。

田中宏和氏「勉強の夏、ゲームの夏。」より
(ほぼ日手帳2013年spring版より、8月5日のページより引用)

このフレーズだけで、充分に、今頑張るべき理由がご理解いただけると思いますが、自分が今まで学習を続けてきた中で強く感じたことをいくつか付け加えておきたいと思います。

やってみなくちゃ分からない

数日や数週間、やったところで何も変わらない。
確かに、それっきりで終わってしまうならば、さほどの伸びは感じられないかも知れません。

集中して行う本当の目的は、その期間そのものというよりも、それからの学習をよりよいものにするため。それに他なりません。

例えば、集中してやってみようと決めた学習内容。問題集○ページや、洋書○冊、単語○個。
短期集中だからできるけれど、これからもずっと毎日続けていくと考えたら、少し息切れしてしまうかもしれません。
だったら、今回決めた量を、これからも毎日やっていける量に修正する。

「洋書を読んでみたら、思いのほか面白かった」、そう感じたら、短期集中期間が終わった後に、「同じ作家やジャンルで別の本を読んでみる」。

何も試さずに、いきなり自分に最適な学習メニューが降ってきて、それをいきなり習慣づけて行えるようになるわけではありません。
やってみて初めて、これからすべきことが見えてくるのです。

小さな成功体験を次につなげる

さきほど引用した田中宏和氏の文章の中には、「成果が出るまでには時間がかかる」とありました。
ここでいう「成果」とは、比較的大きなものを指しているのだと思います。
もちろん、そのような「成果」を出すためには長い時間が必要なのですが、それだけの長い時間を達成感や満足感を一度も感じずに、ひたすら盲目に走り続けることは至難の業です。

大きな目標を小さな目標に小分けにする。そして、小さな目標が一つ達成できたら、自分を褒める。その繰り返しがいつか大きな力になると信じています。

まずは集中して、自分で決めたことをやってみる。たった問題集1冊で全てが変わるわけではありません。ですが、今回感じられた満足感、充実感が、必ず次も頑張ろうという気を起こさせる。それだけは断言することができます。

「ヴァーチャル夏休み」へのお誘い

大変手前味噌になりますが、今回書いた内容を実際に試すのに最適の場が、当ブログで企画している「第5回ヴァーチャル夏休み」です。

上で書いたような効能のほかにも、同じ目標や趣向を持つ学習者さんと知り合うことができたり、相談したり励まし合ったりしながら、楽しく学習を進めていくことができます。

記事を読んで、興味をもたれた皆様、是非「ヴァーチャル夏休み」企画のほうにもご参加くださいね。

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ

第5回 ヴァーチャル夏休み 今年もいよいよスタートです! #vana5

ただでさえ、暑くてやる気が出ない。
子供が夏休みだったり、いつもと違う勤務スケジュールだったり・・・普段のペースを保つのが難しい。つらい・・・。

だったらそれを、逆手に取って、楽しく乗り切ってしまいませんか?

忙しい日々を、皆と頑張ることで、より「熱く」、充実した夏に変えてしまう。
「ヴァーチャル夏休み」、今年も明日7月21日よりスタートします!

ヴァーチャル夏休みとは

ヴァーチャル夏休みとは、学校に通う子供たちが夏休みの7月21日~8月31日に、大人の私達も架空の「夏休み」を設定して学習を進めていこうという企画です。

もちろん、子供たちのように楽しいばかり、遊んでばかりはいられないのが大人。

ですが、忙しい夏、何か一つでも自分で決めた課題(せっかく「夏休み」なので「宿題」と呼びましょう)をやり遂げることができたならば、それまでとは違う自分に大きく成長できると思いませんか?

過去4回のヴァーチャル夏休み参加者の皆さまからも、自分で宿題を決める楽しさ、やり遂げたあとの充実感について、感動・感謝のお言葉を頂いています。

第1回 ヴァーチャル夏休み

第2回 ヴァーチャル夏休み

第3回 ヴァーチャル夏休み

第4回 ヴァーチャル夏休み

ヴァーチャル夏休みで行うこと

実際の流れは、

夏休み中にやるべき「宿題」を自分で決定→実践

という、シンプルなものです。

宿題の内容についてはご自由に設定してください。

「毎日1時間リスニングをする」といった一日ごとの目標を設定して毎日クリアしていくスタイルでも良いですし、「期間中にオーディオブックを3本聴く」といった期間全体を通じた目標を設定して調整しながらクリアしていくスタイルでも何でも構いません。

ここ数回については、英語学習に限らず、他言語の学習や、その他生活上での目標を設定されていた方も多くいらっしゃいます。内容や進め方に関しては完全に自由です。

ブログでの目標宣言、ツイッターでの報告等を通じて他の参加者の方々の頑張りを見ながらモチベーションも維持できるのが、この企画の特長です。

参加方法

(1)この記事のコメント欄、もしくはご自身のブログがある方はブログの記事に、「第5回 ヴァーチャル夏休み」の目標をご記入ください。

(ブログにリンクを貼っていただく際にはこちらの記事へのリンクを貼っていただくと、当企画をご存知でない方にも内容をご理解していただけるかと思います。)

(2)twitter(ツイッター)をご利用でない方は、登録してください。

(3)ご自身が学習した内容をtwitterでつぶやいてください。その際、つぶやきの中に、ハッシュタグ #vana5 をご記入ください。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

つぶやき例

オンライン英会話に30分参加 #vana5

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

※つぶやいていただく際に、「#」の前には必ず半角スペースを入れてください。この半角スペースがないとハッシュタグとして認識できなくなってしまいます。

※ハッシュタグをクリックすることで、このハッシュタグを入れてつぶやいている方々のつぶやきを一覧で見ることができます。同じ課題に取り組まれている方、興味ある内容に取り組まれている方との相互交流にもお役立て下さい。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

合わせまして、第5回ヴァ夏専用のtwitterリストを作成させていただく予定でおります。
ご希望の方は、リストに登録させていただき、その中で参加者さん同士、さらに交流を深められればと思っております。

※リスト登録ご希望の方、ご質問やメッセージなどがございましたら、100 WISH LIST のツイッターアカウント @100wishlist 宛にご連絡ください。

それでは、皆様のご参加を心待ちにしております!

[ad#blogmura]

ヴァーチャル夏休み ついに明日終了です!

さて、もう夏休みが明けている学校もあるようですが、このヴァーチャル夏休みは明日8月31日までです。
早いものであっという間に42日間が終わりを告げようとしております。
夏休み前に宣言していただいた目標はどれくらい達成されたでしょうか。

毎日皆様のツイートをとても楽しみにしておりました。
取り組んだ素材だけでなく、どのように取り組み、どのような結果だったので今後どうするか…なども書いていただいたり、英語だけではなく他言語にも挑戦されていたりと、毎日刺激をいただいていたのは主催者の私たちだけではないと思います。

ぜひこの期間中に達成できたことのまとめも #vana4 でぜひ報告してください。
ブログをお持ちの方は、ブログ記事でまとめていただき、そちらをご報告いただけると嬉しいです。

今回のヴァーチャル夏休みでの成果が皆様の今後の発展に繋がることをお祈りしつつカードを作りましたので、目標達成証の代わりにご使用ください。

参加していただいた皆様、本当にありがとうございました!

[ad#blogmura]

ヴァーチャル夏休み 参加証などのお知らせ

先週の記事で第4回ヴァーチャル夏休みを7月21日から開催する告知をいたしました。

Twitter上で参加表明をしていただいた方、参加を検討していただいている方ありがとうございます。
Twitterだけではなく、日々の学習内容をブログにまとめていただく方もいらっしゃるということで、参加証(バナー)を準備させていただきました。

下記の画像を保存していただいてご自由にお使いください。

バナーの貼り方

ブログ内に写真を貼るように貼っていただけば大丈夫です。
その際にリンク先をヴァーチャル夏休みの説明ページ(http://100wishlist.com/?p=6645)のURLにしていただくとこの企画の趣旨をご存じない方にも分かっていただきやすいと思います。

もしサイドバーなどに貼って頂く場合に貼り方がよく分からないという場合は下記を参考にしてください。

  1. 保存したいバナーの上で、右クリックします。
  2. 「名前をつけて画像を保存」を選択します。
  3. 保存先を選んで「OK」をクリックします。
  4. ダウンロード完了。
  5. ご自身のブログやHPに画像をアップロードします。
  6. バナーをアップロードした場所(保存先アドレス)を確認します。
  7. 下記のタグをコピーし、バナーを表示したい所にコピーします。その際に”画像の保存先アドレス”となっているところは、先ほど確認した保存先アドレスに変更してください。

  • リンクバナー設置完了です。あとは各サービスの方法に従って、ページを保存してください。

今年も皆様のご参加を楽しみにしております!

[ad#blogmura]

第4回 「ヴァーチャル夏休み」開催のお知らせ

さて、7月に入り今年もいよいよ後半ですね。そして、今年も夏休みシーズンが近づいて参りました。

夏休み…ということは…。

そうです。もう恒例となって参りましたヴァーチャル夏休みを今年も7月21日から開催いたします!!

ヴァーチャル夏休み 概要

実際に小中高生のように夏休みがある方はまずいらっしゃらないと思います。しかしこのヴァーチャル夏休みは架空の夏休みを設定し、宿題という名の目標を作り学習仲間とシェアしながらそれをやり遂げていこうという企画です。

実際の流れは、

夏休み中にやるべき「宿題」を決定→実践

という、シンプルなものです。

宿題の内容についてはご自由に設定してください。

「毎日1時間リスニングをする」といった一日ごとの目標を設定して毎日クリアしていくスタイルでも良いですし、「期間中にオーディオブックを3本聴く」といった期間全体を通じた目標を設定して調整しながらクリアしていくスタイルでも何でも構いません。

昨年は、英語学習に限らず、他言語の学習や、その他生活上での目標を設定されていた方もいらっしゃいました。そのように、内容や進め方に関しては完全に自由です。

SNS等を通じて他の参加者の方々の頑張りを見てモチベーションも維持できるのが特長です。

参加方法

(1)この記事のコメント欄、もしくはご自身のブログがある方はブログの記事に、「第4回 ヴァーチャル夏休み」の目標をご記入ください。

(ブログにリンクを貼っていただく際にはこちらの記事へのリンクを貼っていただくと、当企画をご存知でない方にも内容をご理解していただけるかと思います。)

(2)twitter(ツイッター)をご利用でない方は、登録してください。

(3)ご自身が学習した内容をtwitterでつぶやいてください。その際、つぶやきの中に、ハッシュタグ #vana4 をご記入ください。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

つぶやき例

オンライン英会話に30分参加 #vana4

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

つぶやいていただく際に、「#」の前には必ず半角スペースを入れてください

この半角スペースがないとハッシュタグとして認識できなくなってしまいます。

ハッシュタグをクリックすることで、このハッシュタグを入れてつぶやいている方々のつぶやきを一覧で見ることができるので、参加者の方々の間で成果をシェアできなくなってしまいますからご注意くださいね。

その日の内容をつぶやいていただいてもいいですし、ラジオ体操のハンコをもらう感覚で、手帳に達成できた日の欄にシールやスタンプを押したものをアップしていただいても楽しいかと思います。達成する内容は厳しいものでも、ちょっとした楽しい要素を加えることで楽しい気分になれますよね。(ちょっとフライングでこんな感じでやっています。

ご質問やメッセージなどがございましたら、100 WISH LIST のツイッターアカウント @100wishlist 宛にご連絡ください。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

うっかりしていると42日という期間はあっという間に過ぎてしまいそうですが、架空の夏休みの宿題を設定し、それをクリアしていきましょう!

本日の時点ではまだ開始まで10日ほどありますので、じっくりと宿題設定をしてみてくださいね。
過去にご参加いただいている方は、以前の記録を更新できるかにも挑戦していただけるかと思います。

皆様のご参加を心待ちにしております!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

過去の活動報告

第1回 ヴァーチャル夏休み

第2回 ヴァーチャル夏休み

第3回 ヴァーチャル夏休み

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

[ad#blogmura]

”2012年の始まりを「成功体験」から始めよう”、そして次へとつなげよう #goodstart2012

100 WISH LIST年末年始特別企画、”2012年の始まりを「成功体験」から始めよう”には、多くの皆様にご参加いただき、本当にありがとうございました。

おかげさまで無事に当初の設定期間、1月末日を迎えることができました。
多くの皆様に目標達成のご報告をいただきましたことを大変うれしく思うとともに、これからもこのような企画を通じて、皆さんとともに英語学習を頑張っていきたいという気持ちが一層強いものとなりました。

ぜひこれからも100 WISH LIST, そして学習企画をよろしくお願いいたします。

今日は、皆様へのご報告、お礼とともに、今回の目標を今後の学習にどのようにつなげていくとよいのか、個人的体験を交えながら書いてみたいと思います。

失敗ととらえるか、”お試し期間”ととらえるか

企画を主催した当の本人の、いきなりの告白をお許しください。
実は、私は当初、”洋書HOLESを読破する”を目標に掲げていました。
そして、見事に玉砕しました。

主催者がこんなことでは申し訳が立たない・・・しばらく「このままこの目標で頑張るべきか」、それとも「目標を変えて心機一転すべきか」悩む日々が続きました。

でも、ある時、ふとふっきれたのです。
自分が立てた目標に縛られて、本当にやりたいことができなくなってしまってどうする。

ツイッターで目標変更を報告し、2月3日(当初の設定期日を過ぎてから)、変更後の目標を達成しました。

今思えば、これも一つのお試し期間だったのだと思います。勇気を持って目標を変更して、本当によかったと思っています。

捨てる目標、捨てない目標

今回、なぜ自分は当初の目標を達成できなかったのか。

目標を設定した時は、国連英検の受験直後ということもあり、いわゆる「燃え尽きた」状態になっていました。しばらくは、それに関連した勉強はしたくない・・・それが正直な気持ちでした。

企画趣旨通り、「(負荷が)軽めで」「まずは達成することで、これからの学習が波に乗るような」を基準に目標設定したのですが、大事な部分が抜けてしまっていました。

この目標は、「最優先で」やりたいことではなかったのです。

確かに、洋書をほとんど読み切ったことがないというコンプレックスがあって、「一冊読み切ることで自信をつけたい」という願望はありました。でも、それは私の中で何を差し置いてでもやりたいことではなかった。

年が明けて、新年の抱負をじっくりと考える時間を持ち、そして国連英検の合格通知を得たことで、自分がこれから学習していきたいことがはっきりと見えてきました。

そして、目標を「自分が今一番やりたいこと」(=”英字記事を1日5本読む”)に変更しました。

実は、年始の時点では1日3本と設定していたのが、今回「”HOLES”読破」を削ったことで、本当にやりたいことに注力できるようになり、結果3本どころか、5本も読めるようになりました。
”叶えたい目標の優先順位を決め、「今はしない」選択をする。
それによって、今自分が一番やりたいことをもっと頑張ることができる。”

これが今回の経験から気づくことのできた、最も大きな成果でした。

続けるべき目標、続けるべきでない目標

これも個人的な話になりますが、昨年夏の100 WISH LIST企画 「第3回ヴァーチャル夏休み」では、私自身複数の目標を立て、学習に励んでいました。

たくさんの目標を並行して立てたことから、その期間内に全ては達成できなかったのですが、いくつかはその内容を継続し、期間がだいぶ過ぎてから達成したものもいくつかあります。(その一例

今回、残念ながら目標を達成できなかった方の中には、その時の私と同じ状況の方もいるのではないでしょうか?

例えば、「1冊やる」と決めていたけれど、結果は3分の2ほどしかできなかった。
「しか」ではありません、3分の2「も」できているのです。

達成できなかったのが、「ペース的にきつかった」という理由ならば、ぜひ達成できるまで続けてください。

これをやり遂げることで、かならず次につながる自信を得られることを保証します。

まとめ

目標を立てることは、一見簡単なように見えて難しいものです。
今回は自分自身の失敗・経験から得た、「目標」そのものが妥当なものであるか見極める基準について書いてみました。

ただ単に、「できなかった」で終わるのではなく、
・その目標が、心の底からやりたかったことなのか(他に「もっとやりたい」と思うことがなかったか)
・期日を過ぎてでも続けるに値する目標なのか

一度振り返ってみてくださいね。

そして、改めまして、読んでくださる皆様にとって2012年の英語学習が実り多きものとなりますように。
これからも一緒に頑張っていきましょう。

[ad#blogmura]

【ご連絡】
今回ご使用いただきました、ツイッターハッシュタグ #goodstart2012 は、よろしければこれからもご利用くださいね。
ご自身の学習記録や、「新年の抱負を忘れないように」など、前向きな形でご利用いただけると嬉しいです。

【100 WISH LIST・年末年始特別企画】2012年の英語学習を、「成功体験」から始めよう #goodstart2012

今年もあと残すところ5日となりました。
今年の英語学習を振り返って、どのようなことを感じますか?
「念願の資格に合格した」方。
「もうちょっと頑張れたのではないか」と思っている方。
「来年こそは、自分で決めた目標を達成したい」と思っている方。
今回は、全ての英語学習者さんに送る、年末年始特別企画を発表します!

目標を宣言しよう

「資格試験を受験しようと思っていたら、気付いたら申し込み日を過ぎていた」
「次の次に受けよう、それなら時間もあるし。そう思っていたら、あっという間に受験直前になってしまい、結局試験を受けることができなかった」

このような経験をされたことがある方も少なくないのでは、と思います。この2つの例に共通するのは、「自分が、心の中で自分と約束しただけ」という点です。

他者とした約束は簡単には破れませんが、自分との約束だと「まぁ、しょうがないか」と流してしまえる。

だったら、その気持ちを逆手に取りましょう。自分の目標を、自分以外の学習仲間に宣言することで、簡単には破れない約束にするのです。

小さな成功体験が、次の成功を生む

新しい年になったからといって、何でも決めたことを実行できるスーパーマンになれるわけではありません。
大きな目標を掲げるのは、もちろん素晴らしいことですが、掲げただけで自動的に実現に近づいて行けるわけではないのです。
大きな目標を達成するためには、クリアしなくてはならない通過ポイントがいくつもあります。その通過ポイントをクリアできたという成功体験が、自分の中に自信をもたらし、また次の通過ポイントを目指す原動力になるのです。

100 WISH LIST・特別企画 ”2012年の英語学習を、「成功体験」から始めよう”

「他者に宣言することの効果」、「大きな目標を達成するために、小さな目標を設定してまずはそれをクリアする」。
以上2点を考慮し、生まれたのが、今回の企画

 ”2012年の英語学習を、「成功体験」から始めよう”

です。

参加方法は簡単です。

ツイッターで、#goodstart2012 とつけて、達成したい目標をつぶやいてください。

・その内容は、できるかぎり「小さな」目標にしてください。
内容は深く考えすぎずに、直感で今やりたいと思うことを選んでみましょう。欲張らずに、短期間で成果が見えるものがよいですね。
まずは自分が、「大きな夢の実現への一歩を踏み出した」、そう実感できるような内容を選んでみてください。

・その目標を達成したら、元気よく「達成できた!」とつぶやいてくださいね。
そのつぶやきが、他の方の励み・やる気にもつながります。
(その際にも #goodstart2012 とタグをつけるのをお忘れなく。)

今すぐ始めてしまいましょう

先ほども書きましたが、「新しい年が来たら、いきなり何でもできる自分になれる」わけではありません。
「2012年になったら始める」ではなく、今すぐ始めてしまいましょう。

年末に少しでも手をつけておくと、新年のスタートに弾みが付きます。
日にちにやる気を振り回されるのではなく、自分が心地よく感じられるように、スタート時期を決めましょう。

(そのような意図から、#goodstart2012 のタグは、この記事の投稿日、12月27日から2012年1月いっぱいとさせていただきます。)

ぜひ皆で、2012年度、英語学習の、よいスタートをきりましょう!

[ad#blogmura]

【ヴァーチャル英語部】 第3回 「ヴァーチャル夏休み」 終了のご挨拶

2011年7月21日より開催しました、第3回「ヴァーチャル夏休み」。
総計36名の英語学習者の皆さまにご参加いただき、無事に終了を迎えることができました。
参加していただいた皆様、本当にお疲れ様でした! 

今日は、ヴァーチャル夏休みに参加していただいた方へのご連絡、そして企画総括を発表させていただきます。

参加メンバーの皆様へご連絡

「ヴァーチャル夏休み」(通称:「ヴァ夏」)に参加していただいた皆さまへのご連絡が4つあります。

(1)皆さんのヴァ夏成果を、こちらの記事に頂いた参加宣言に返信する形でコメントください。
ご自身のブログに記録されている方は、ブログのほうでも報告・感想などを記入いただけるとうれしいです。

(2)ツイッターのヴァ夏参加メンバーリストは、皆さまに参加していただいた記念にこれからも残しておきたいと思います。
ヴァ夏後も、メンバーの交流を続けられれば、これ以上にうれしいことはありません。

(3)ツイッターの#vana3 のタグは、よろしければこれからもどうぞご利用ください。
以前学習記録の方法として記事にもさせていただきましたが、タグを用いることで一括して記録が見られます。
皆で頑張る同志の証として、使っていただけるとうれしいです!

(4)期間中発行していました、「第3回 ヴァーチャル夏休み壁新聞」を「第3回 ヴァ夏」組 学級新聞として、これからも継続発行したいと思います。
皆さんが学習記録やおすすめとしてつぶやいてくださった記事、画像などが、ランダムにピックアップされた新聞です。
仲間が読んだ記事を読むのは大変楽しいものです。ぜひこれからもご愛読ください。

「ヴァーチャル夏休み」企画の総括

「ヴァーチャル夏休み」を企画して、本当によかった。
その一言に尽きます。

参加してくださった皆様が、いち早くツイッターのほうで成果をご報告してくださっています。そこで、「ヴァ夏のおかげで○○できた」というお言葉を数多く頂戴し、胸が熱くなるのを抑えきれずにいます。
私のほうこそ、皆さんのつぶやきのおかげで学習を続けられ、充実した夏休みを送ることができました。
この場をお借りしまして、改めて御礼申し上げます。

そして、もう一つ嬉しかったことがあります。
企画に参加してくださった方の中には、この企画がきっかけで知り合い、交流を始めた方々もいらっしゃるようです。
この企画が、メンバーさんにとって新たな出会いの場となれたこと。
心から嬉しく思います。

これからもぜひ皆でモチベーションを高めていく企画を発表していきたいと思います。
一人で頑張ることも、もちろん素晴らしいことです。
けれど、皆が集まることで、自分が持っている力以上に頑張れる。
「やる気の相乗効果」に魅せられている自分がいます。

改めまして、今回の「ヴァーチャル夏休み」企画にご参加いただきまして、本当にありがとうございました。
これからも皆さんと一緒に英語学習をしていけるのを楽しみにしています。

「ヴァーチャル夏休み」 企画主催 (「ヴァーチャル英語部」 @100wishlist )
やる気隊長 なぼむし(@nabo64)

[ad#blogmura]

1 2 3