Archive of ‘ヴァーチャル夏休み(ヴァ夏)’ category

ヴァーチャル夏休み 参加証などのお知らせ

先週の記事で第4回ヴァーチャル夏休みを7月21日から開催する告知をいたしました。

Twitter上で参加表明をしていただいた方、参加を検討していただいている方ありがとうございます。
Twitterだけではなく、日々の学習内容をブログにまとめていただく方もいらっしゃるということで、参加証(バナー)を準備させていただきました。

下記の画像を保存していただいてご自由にお使いください。

バナーの貼り方

ブログ内に写真を貼るように貼っていただけば大丈夫です。
その際にリンク先をヴァーチャル夏休みの説明ページ(http://100wishlist.com/?p=6645)のURLにしていただくとこの企画の趣旨をご存じない方にも分かっていただきやすいと思います。

もしサイドバーなどに貼って頂く場合に貼り方がよく分からないという場合は下記を参考にしてください。

  1. 保存したいバナーの上で、右クリックします。
  2. 「名前をつけて画像を保存」を選択します。
  3. 保存先を選んで「OK」をクリックします。
  4. ダウンロード完了。
  5. ご自身のブログやHPに画像をアップロードします。
  6. バナーをアップロードした場所(保存先アドレス)を確認します。
  7. 下記のタグをコピーし、バナーを表示したい所にコピーします。その際に”画像の保存先アドレス”となっているところは、先ほど確認した保存先アドレスに変更してください。

  • リンクバナー設置完了です。あとは各サービスの方法に従って、ページを保存してください。

今年も皆様のご参加を楽しみにしております!

[ad#blogmura]

第4回 「ヴァーチャル夏休み」開催のお知らせ

さて、7月に入り今年もいよいよ後半ですね。そして、今年も夏休みシーズンが近づいて参りました。

夏休み…ということは…。

そうです。もう恒例となって参りましたヴァーチャル夏休みを今年も7月21日から開催いたします!!

ヴァーチャル夏休み 概要

実際に小中高生のように夏休みがある方はまずいらっしゃらないと思います。しかしこのヴァーチャル夏休みは架空の夏休みを設定し、宿題という名の目標を作り学習仲間とシェアしながらそれをやり遂げていこうという企画です。

実際の流れは、

夏休み中にやるべき「宿題」を決定→実践

という、シンプルなものです。

宿題の内容についてはご自由に設定してください。

「毎日1時間リスニングをする」といった一日ごとの目標を設定して毎日クリアしていくスタイルでも良いですし、「期間中にオーディオブックを3本聴く」といった期間全体を通じた目標を設定して調整しながらクリアしていくスタイルでも何でも構いません。

昨年は、英語学習に限らず、他言語の学習や、その他生活上での目標を設定されていた方もいらっしゃいました。そのように、内容や進め方に関しては完全に自由です。

SNS等を通じて他の参加者の方々の頑張りを見てモチベーションも維持できるのが特長です。

参加方法

(1)この記事のコメント欄、もしくはご自身のブログがある方はブログの記事に、「第4回 ヴァーチャル夏休み」の目標をご記入ください。

(ブログにリンクを貼っていただく際にはこちらの記事へのリンクを貼っていただくと、当企画をご存知でない方にも内容をご理解していただけるかと思います。)

(2)twitter(ツイッター)をご利用でない方は、登録してください。

(3)ご自身が学習した内容をtwitterでつぶやいてください。その際、つぶやきの中に、ハッシュタグ #vana4 をご記入ください。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

つぶやき例

オンライン英会話に30分参加 #vana4

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

つぶやいていただく際に、「#」の前には必ず半角スペースを入れてください

この半角スペースがないとハッシュタグとして認識できなくなってしまいます。

ハッシュタグをクリックすることで、このハッシュタグを入れてつぶやいている方々のつぶやきを一覧で見ることができるので、参加者の方々の間で成果をシェアできなくなってしまいますからご注意くださいね。

その日の内容をつぶやいていただいてもいいですし、ラジオ体操のハンコをもらう感覚で、手帳に達成できた日の欄にシールやスタンプを押したものをアップしていただいても楽しいかと思います。達成する内容は厳しいものでも、ちょっとした楽しい要素を加えることで楽しい気分になれますよね。(ちょっとフライングでこんな感じでやっています。

ご質問やメッセージなどがございましたら、100 WISH LIST のツイッターアカウント @100wishlist 宛にご連絡ください。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

うっかりしていると42日という期間はあっという間に過ぎてしまいそうですが、架空の夏休みの宿題を設定し、それをクリアしていきましょう!

本日の時点ではまだ開始まで10日ほどありますので、じっくりと宿題設定をしてみてくださいね。
過去にご参加いただいている方は、以前の記録を更新できるかにも挑戦していただけるかと思います。

皆様のご参加を心待ちにしております!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

過去の活動報告

第1回 ヴァーチャル夏休み

第2回 ヴァーチャル夏休み

第3回 ヴァーチャル夏休み

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

[ad#blogmura]

”2012年の始まりを「成功体験」から始めよう”、そして次へとつなげよう #goodstart2012

100 WISH LIST年末年始特別企画、”2012年の始まりを「成功体験」から始めよう”には、多くの皆様にご参加いただき、本当にありがとうございました。

おかげさまで無事に当初の設定期間、1月末日を迎えることができました。
多くの皆様に目標達成のご報告をいただきましたことを大変うれしく思うとともに、これからもこのような企画を通じて、皆さんとともに英語学習を頑張っていきたいという気持ちが一層強いものとなりました。

ぜひこれからも100 WISH LIST, そして学習企画をよろしくお願いいたします。

今日は、皆様へのご報告、お礼とともに、今回の目標を今後の学習にどのようにつなげていくとよいのか、個人的体験を交えながら書いてみたいと思います。

失敗ととらえるか、”お試し期間”ととらえるか

企画を主催した当の本人の、いきなりの告白をお許しください。
実は、私は当初、”洋書HOLESを読破する”を目標に掲げていました。
そして、見事に玉砕しました。

主催者がこんなことでは申し訳が立たない・・・しばらく「このままこの目標で頑張るべきか」、それとも「目標を変えて心機一転すべきか」悩む日々が続きました。

でも、ある時、ふとふっきれたのです。
自分が立てた目標に縛られて、本当にやりたいことができなくなってしまってどうする。

ツイッターで目標変更を報告し、2月3日(当初の設定期日を過ぎてから)、変更後の目標を達成しました。

今思えば、これも一つのお試し期間だったのだと思います。勇気を持って目標を変更して、本当によかったと思っています。

捨てる目標、捨てない目標

今回、なぜ自分は当初の目標を達成できなかったのか。

目標を設定した時は、国連英検の受験直後ということもあり、いわゆる「燃え尽きた」状態になっていました。しばらくは、それに関連した勉強はしたくない・・・それが正直な気持ちでした。

企画趣旨通り、「(負荷が)軽めで」「まずは達成することで、これからの学習が波に乗るような」を基準に目標設定したのですが、大事な部分が抜けてしまっていました。

この目標は、「最優先で」やりたいことではなかったのです。

確かに、洋書をほとんど読み切ったことがないというコンプレックスがあって、「一冊読み切ることで自信をつけたい」という願望はありました。でも、それは私の中で何を差し置いてでもやりたいことではなかった。

年が明けて、新年の抱負をじっくりと考える時間を持ち、そして国連英検の合格通知を得たことで、自分がこれから学習していきたいことがはっきりと見えてきました。

そして、目標を「自分が今一番やりたいこと」(=”英字記事を1日5本読む”)に変更しました。

実は、年始の時点では1日3本と設定していたのが、今回「”HOLES”読破」を削ったことで、本当にやりたいことに注力できるようになり、結果3本どころか、5本も読めるようになりました。
”叶えたい目標の優先順位を決め、「今はしない」選択をする。
それによって、今自分が一番やりたいことをもっと頑張ることができる。”

これが今回の経験から気づくことのできた、最も大きな成果でした。

続けるべき目標、続けるべきでない目標

これも個人的な話になりますが、昨年夏の100 WISH LIST企画 「第3回ヴァーチャル夏休み」では、私自身複数の目標を立て、学習に励んでいました。

たくさんの目標を並行して立てたことから、その期間内に全ては達成できなかったのですが、いくつかはその内容を継続し、期間がだいぶ過ぎてから達成したものもいくつかあります。(その一例

今回、残念ながら目標を達成できなかった方の中には、その時の私と同じ状況の方もいるのではないでしょうか?

例えば、「1冊やる」と決めていたけれど、結果は3分の2ほどしかできなかった。
「しか」ではありません、3分の2「も」できているのです。

達成できなかったのが、「ペース的にきつかった」という理由ならば、ぜひ達成できるまで続けてください。

これをやり遂げることで、かならず次につながる自信を得られることを保証します。

まとめ

目標を立てることは、一見簡単なように見えて難しいものです。
今回は自分自身の失敗・経験から得た、「目標」そのものが妥当なものであるか見極める基準について書いてみました。

ただ単に、「できなかった」で終わるのではなく、
・その目標が、心の底からやりたかったことなのか(他に「もっとやりたい」と思うことがなかったか)
・期日を過ぎてでも続けるに値する目標なのか

一度振り返ってみてくださいね。

そして、改めまして、読んでくださる皆様にとって2012年の英語学習が実り多きものとなりますように。
これからも一緒に頑張っていきましょう。

[ad#blogmura]

【ご連絡】
今回ご使用いただきました、ツイッターハッシュタグ #goodstart2012 は、よろしければこれからもご利用くださいね。
ご自身の学習記録や、「新年の抱負を忘れないように」など、前向きな形でご利用いただけると嬉しいです。

【100 WISH LIST・年末年始特別企画】2012年の英語学習を、「成功体験」から始めよう #goodstart2012

今年もあと残すところ5日となりました。
今年の英語学習を振り返って、どのようなことを感じますか?
「念願の資格に合格した」方。
「もうちょっと頑張れたのではないか」と思っている方。
「来年こそは、自分で決めた目標を達成したい」と思っている方。
今回は、全ての英語学習者さんに送る、年末年始特別企画を発表します!

目標を宣言しよう

「資格試験を受験しようと思っていたら、気付いたら申し込み日を過ぎていた」
「次の次に受けよう、それなら時間もあるし。そう思っていたら、あっという間に受験直前になってしまい、結局試験を受けることができなかった」

このような経験をされたことがある方も少なくないのでは、と思います。この2つの例に共通するのは、「自分が、心の中で自分と約束しただけ」という点です。

他者とした約束は簡単には破れませんが、自分との約束だと「まぁ、しょうがないか」と流してしまえる。

だったら、その気持ちを逆手に取りましょう。自分の目標を、自分以外の学習仲間に宣言することで、簡単には破れない約束にするのです。

小さな成功体験が、次の成功を生む

新しい年になったからといって、何でも決めたことを実行できるスーパーマンになれるわけではありません。
大きな目標を掲げるのは、もちろん素晴らしいことですが、掲げただけで自動的に実現に近づいて行けるわけではないのです。
大きな目標を達成するためには、クリアしなくてはならない通過ポイントがいくつもあります。その通過ポイントをクリアできたという成功体験が、自分の中に自信をもたらし、また次の通過ポイントを目指す原動力になるのです。

100 WISH LIST・特別企画 ”2012年の英語学習を、「成功体験」から始めよう”

「他者に宣言することの効果」、「大きな目標を達成するために、小さな目標を設定してまずはそれをクリアする」。
以上2点を考慮し、生まれたのが、今回の企画

 ”2012年の英語学習を、「成功体験」から始めよう”

です。

参加方法は簡単です。

ツイッターで、#goodstart2012 とつけて、達成したい目標をつぶやいてください。

・その内容は、できるかぎり「小さな」目標にしてください。
内容は深く考えすぎずに、直感で今やりたいと思うことを選んでみましょう。欲張らずに、短期間で成果が見えるものがよいですね。
まずは自分が、「大きな夢の実現への一歩を踏み出した」、そう実感できるような内容を選んでみてください。

・その目標を達成したら、元気よく「達成できた!」とつぶやいてくださいね。
そのつぶやきが、他の方の励み・やる気にもつながります。
(その際にも #goodstart2012 とタグをつけるのをお忘れなく。)

今すぐ始めてしまいましょう

先ほども書きましたが、「新しい年が来たら、いきなり何でもできる自分になれる」わけではありません。
「2012年になったら始める」ではなく、今すぐ始めてしまいましょう。

年末に少しでも手をつけておくと、新年のスタートに弾みが付きます。
日にちにやる気を振り回されるのではなく、自分が心地よく感じられるように、スタート時期を決めましょう。

(そのような意図から、#goodstart2012 のタグは、この記事の投稿日、12月27日から2012年1月いっぱいとさせていただきます。)

ぜひ皆で、2012年度、英語学習の、よいスタートをきりましょう!

[ad#blogmura]

【ヴァーチャル英語部】 第3回 「ヴァーチャル夏休み」 終了のご挨拶

2011年7月21日より開催しました、第3回「ヴァーチャル夏休み」。
総計36名の英語学習者の皆さまにご参加いただき、無事に終了を迎えることができました。
参加していただいた皆様、本当にお疲れ様でした! 

今日は、ヴァーチャル夏休みに参加していただいた方へのご連絡、そして企画総括を発表させていただきます。

参加メンバーの皆様へご連絡

「ヴァーチャル夏休み」(通称:「ヴァ夏」)に参加していただいた皆さまへのご連絡が4つあります。

(1)皆さんのヴァ夏成果を、こちらの記事に頂いた参加宣言に返信する形でコメントください。
ご自身のブログに記録されている方は、ブログのほうでも報告・感想などを記入いただけるとうれしいです。

(2)ツイッターのヴァ夏参加メンバーリストは、皆さまに参加していただいた記念にこれからも残しておきたいと思います。
ヴァ夏後も、メンバーの交流を続けられれば、これ以上にうれしいことはありません。

(3)ツイッターの#vana3 のタグは、よろしければこれからもどうぞご利用ください。
以前学習記録の方法として記事にもさせていただきましたが、タグを用いることで一括して記録が見られます。
皆で頑張る同志の証として、使っていただけるとうれしいです!

(4)期間中発行していました、「第3回 ヴァーチャル夏休み壁新聞」を「第3回 ヴァ夏」組 学級新聞として、これからも継続発行したいと思います。
皆さんが学習記録やおすすめとしてつぶやいてくださった記事、画像などが、ランダムにピックアップされた新聞です。
仲間が読んだ記事を読むのは大変楽しいものです。ぜひこれからもご愛読ください。

「ヴァーチャル夏休み」企画の総括

「ヴァーチャル夏休み」を企画して、本当によかった。
その一言に尽きます。

参加してくださった皆様が、いち早くツイッターのほうで成果をご報告してくださっています。そこで、「ヴァ夏のおかげで○○できた」というお言葉を数多く頂戴し、胸が熱くなるのを抑えきれずにいます。
私のほうこそ、皆さんのつぶやきのおかげで学習を続けられ、充実した夏休みを送ることができました。
この場をお借りしまして、改めて御礼申し上げます。

そして、もう一つ嬉しかったことがあります。
企画に参加してくださった方の中には、この企画がきっかけで知り合い、交流を始めた方々もいらっしゃるようです。
この企画が、メンバーさんにとって新たな出会いの場となれたこと。
心から嬉しく思います。

これからもぜひ皆でモチベーションを高めていく企画を発表していきたいと思います。
一人で頑張ることも、もちろん素晴らしいことです。
けれど、皆が集まることで、自分が持っている力以上に頑張れる。
「やる気の相乗効果」に魅せられている自分がいます。

改めまして、今回の「ヴァーチャル夏休み」企画にご参加いただきまして、本当にありがとうございました。
これからも皆さんと一緒に英語学習をしていけるのを楽しみにしています。

「ヴァーチャル夏休み」 企画主催 (「ヴァーチャル英語部」 @100wishlist )
やる気隊長 なぼむし(@nabo64)

[ad#blogmura]

【ヴァーチャル英語部】 第3回 「ヴァーチャル夏休み」開催のお知らせ

7月21日。
多くの小・中・高校では、夏休みが今日から始まることと思います。

長い長い夏休み。
大人の私達には、残念ながらこれほどまとまった休みをとることはできませんが、気持ちだけでも「夏休み」を体験してみませんか?
自分で設定した「宿題」(目標)を実践し、やりとげる。
この夏が終わるころには、一歩成長した自分に出会えることでしょう。

ここに、「第3回 ヴァーチャル夏休み」のスタートを宣言します!

ヴァーチャル夏休みとは

ヴァーチャル夏休みとは、「子供たちが夏休みとなる期間を前向きに過ごしたい」という趣旨で、なぼむしが始めさせていただいた企画です。

以前の活動報告:
「ヴァーチャル夏休み」参加へのお誘い 

第2回ヴァーチャル夏休み★まもなくスタートです!!

(両記事とも、英語表現・ことわざメモ ~奪取・英検1級編~より)

一昨年、昨年と、通算40名を越える皆さまにご参加いただき、2回とも大成功のうちに期間を終了させていただいています。

こちらに第2回メンバーさんのお名前があります)

何をするの?

先ほど冒頭で書かせていただいた通り、

自分で設定した「宿題」(目標)を実践し、やりとげる。

やることは、それのみです!

「問題集を仕上げる」でもいいですし、「洋書を1冊読む」でもいいです。
「単語を○○個覚える」「英字記事を○個読む」「○時間リスニングする」、本当にどんなことでもOK.
分野ごとの目標を掲げてもいいし、一つに絞るのもいいですね。
極端な話、別の言語でも構いませんし、語学じゃない目標を混ぜても大丈夫です!

ご自分がやりたいと思ったことを、自由に設定してください。

それが、大人の「夏休み」のいいところです。

参加方法

”仲間の頑張りを目にすることで、自分も頑張ろうと思える”

これは、参加メンバーさん全員がおっしゃってくださることです。

今回はそれを最大の目的とし、若干、参加方法を改訂させてもらっています。

(1)この記事のコメント欄、もしくはご自身のブログがある方はブログの記事に、「第3回 ヴァーチャル夏休み」の目標をご記入ください。

(ブログに書いてくださる場合は、この記事にリンクを貼っていただくと助かります。より多くの方に知っていただくために、ご協力いただけるとうれしいです。)

(2)twitter(ツイッター)をご利用でない方は、登録してください。(今回より、参加にはtwitterが必要となります)

(3)ご自身が学習した内容をtwitterでつぶやいてください。その際、つぶやきの中に、ハッシュタグ #vana3 をご記入ください。

例: トレーニングノートαの関係詞のページをやりました! #vana3

(記入の際にハッシュタグの前には半角スペースを入れるのをお忘れなく)

以上です!

つぶやきをご覧いただくと、#vana3 の部分がリンクになっていることと思います。
それを押していただくことで、仲間の頑張りを見ることができます。
「自分だけではないんだ」と心強くなるのはもちろん、「私ももっと頑張りたい!」とやる気をもらうことができます。

まずはお気軽に参加してみてくださいね♪

ぜひ多くの皆さまと「熱い夏」を送れるのを、楽しみにしています!


ご質問、ご不明な点、熱い参加表明ツイート(!)など、なんでもつぶやきお寄せくださいね♪

「ヴァーチャル夏休み」 企画主催(「ヴァーチャル英語部」)代表アカウント: @100wishlist

「ヴァーチャル夏休み」 やる気隊長 なぼむし : @nabo64

(ご質問などには @nabo64 のほうが早く対応させていただけると思います)

[ad#blogmura]

【ヴァーチャル英語部からのお知らせ】年末企画に参加された皆さんへ

ヴァーチャル英語部、やる気隊長なぼむしからの業務連絡です。

 

昨年の年末企画、「2010年、これだけはやりとげたい!」には、計7名のヴァーチャル英語部メンバーさんにご参加いただきました。

宣言のコメントをありがとうございました!

いかがでしたか?

目標を達成することはできましたか?
(私自身、言いだしっぺとしてどうしても成功させたくて・・・大晦日に尋常じゃない量をこなし、滑り込み達成しました)

是非皆さま、目標に関してのご報告をしていただけるとうれしいです。

前回記事の宣言コメントの欄にReplyボタンがありますので、そちらに返信する形でお書きくださいね。

もちろん今からでも目標達成は遅くありません。

大切なのは、「これをやろう!やりとげるぞ!!」という熱い気持ちになること。
そして、一度始めたことを最後まで終わらせること。
やり遂げた充実感、自信が、今年の英語学習をさらによいものへと導いてくれるはずです!

 

なお、ヴァーチャル英語部では、今年もこのような集中学習企画をたくさん主催し、メンバーみんなで学習のモチベーションをアップしていきたいと思っております!

ぜひ、今年もヴァーチャル英語部をよろしくお願いいたします。

2011年1月9日 ヴァーチャル英語部「やる気隊長」:なぼむしより

学習集中期間を設ける~ヴァーチャル英語部・年末企画のお知らせ~

学習のモチベーションを維持する。
その大変さは、学習者の皆さんなら誰もが経験されることと思います。
自分の「やる気」の操縦法。それが分かれば、学習は苦痛ではなくなります。
今日は、その方法の一つをご紹介したいと思います。

「学生の勉強」と「大人の学習」

学生時代の勉強と大人になってからの学習の違いの一つは、モチベーションが保ちにくいことです。
学生時代は定期テストがあり、お尻を叩いてくれる先生の存在がありましたが、大人にはどちらもありません。試験を受けるにしても、自分の意思でそれを決め、その目標に向かう必要があるのです。
自分自身で自分のやる気を操縦する。これが大人の学習にとって最も大切なものと言えます。

集中期間を設ける

試験という短期間の目標がある際には、やる気の操縦も比較的簡単です。
では、今は試験を受験する予定はない、もう目標の資格は取得したという場合、やる気を出すのは無理なのでしょうか?

私はそうではないと思います。私自身、試験受験から離れて4年以上が経ちますが、その間、学習に関していろいろな波を経験しました。そうした紆余曲折の中、やる気の出し方のコツがだんだんと分かってきました。

それは・・・

期間を決めて、その期間に達成したい目標を設定する

ということです。

この方法には2つの利点があります。

一つは、学習のマンネリ化を防ぐこと、もう一つは、設定した目標をやり遂げることで、充実感が得られることです。
自分自身が自分の先生となって、課題を自分に出してあげる。そのご褒美は、自分自身がそこで得られた力、経験です。(「○○ができたら、△△を買う」などと、実際のモノもご褒美にしても楽しいです!)

ヴァーチャル英語部・年末企画へのお誘い

2010年も残すところ、あと半月です。
年末のあわただしい時期。学習ペースも乱れがちになります。
それを逆手にとって、普段とは違うアプローチで学習してみませんか?

ヴァーチャル英語部では、年末企画「2010年、これだけはやりとげたい!」を、本日12月14日(火)より開催します。

年末までにやり遂げたいことを一つだけ宣言し、それを達成する喜びを味わいませんか?

そこで得られた自信は、2011年の英語学習に大きな弾み・原動力となります。

「単語を100個覚える」「問題集を○○ページ終わらせる」「途中になっていた洋書を1冊読み切る」「リスニング○○時間達成する」・・・どんなことでも構いません。

コメント欄に目標を宣言してくださいね!

ヴァーチャル英語部・連絡事項

ヴァーチャル英語部でtwitterを利用してくださっている皆様へ

この企画は期間も短いので、専用のハッシュタグは設定しません。
但し、今後「ヴァーチャル英語部」全般に関するハッシュタグ、#vireng を設定しますので、これを使って進捗状況などをつぶやいてくださいね!

2010年、ラストスパート!
一緒に頑張りましょう!!

1 2 3