Archive of ‘ライティング’ category

【問題集レビュー】Painless Writing

ネイティブの中高生向けに書かれたライティングの参考書、Painless Writingを紹介します。この本には、どうしたら読みやすく、魅力的な文章に改善出来るかが詳細に書かれています。すでにある程度ライティングをこなした方が対象になると思います。

 

ほとんどライティングをしたことがなく、どうやって書き始めたらよいかわからない方には、以前コチラの記事で紹介した、Time for Kids Ready, Set, Write!: A Writer’s Handbook for School and Home (Time for Kids Writer’s Handbook) がオススメです。今回紹介する、BarronのPainless Writing (Barron’s Painless Series) は、英語圏の中高生向けに書かれた洋書ですので、ある程度洋書が読めて、ライティングの経験もある方が対象になるかと思います。

 

中学・高校で英作文を習った時、日本語の文章を英訳する練習はたくさんしたけれど、まとまった文章をわかりやすく書く方法を、系統立てて習うことはなかったのではないでしょうか。Painless Writingは、簡潔で、わかりやすく、面白い文章を書くためのテクニックが学べる本です。日本のライティング本と異なる点は、文法事項の説明がほとんどなく、ライティングスタイルを改善することに焦点があてられている点です。内容は、

1.  Clean Up Preposition Clutter

2. Spice Up Your Writing

3. Silence the Passive Voice

4. Reduce Nominalizations and Activate Your Writing

5. Smooth Out Your Wriitng

6. Harness the Power of the Comma

7. Add Rhythm to Your Wriitng

8. Gremlins in Your Writing

9. Create a Template for Your Term Paper

となっています。

 

第一章の Clean Up Preposition Clutterを詳しく見てみましょう。前置詞、前置詞句の使いすぎを改める方法が書かれています。前置詞を使いすぎているかどうかのルールはありませんが、全体の20−25%が多すぎるとみなされるようです。前置詞が多すぎると、読み手の注意を逸らす恐れがあるため、出来るだけ簡潔な言葉に置き換えられないか検討します。ここではまず、前置詞句をたくさん含んだ、悪い文章の例が出てきます。From the point of view, at this point of time, on the basis of、などの不要と思われる言葉をピックアップしていきます。また、of の多用にも注意をします。

そして次に、不要な前置詞を排除する5つのステップが紹介されています。例えば、In order toはTo, At this point in timeはNowへ、with reference to は about へ直す、などです。簡単に言い換えられる事を小難しく書いて、文章を格調高く見せよう、などという小細工は不要、とバッサリ切り捨てます。各チャプター毎に練習問題もついていますので、悪い例を読んでポイントを掴み、改善方法を学び、実際に練習することができます。

 

その他にも、受動態を能動態にかえる方法、文章の長さをかえて、リズムをもたせる方法、同じ書き出しの文章が続くのを避ける方法など、役に立つ情報が満載です。

 

本を読んで練習問題を解くだけで満足せず、実際に文章を書いて、この本で学んだ方法を試してみることで、わかりやすく、生き生きとした文章が書けるようになるのではないかと思います。とりあえず言いたいことは書けるけれども、文章になんの工夫もない・・と悩んでいる中級者の方は、この本で紹介されているテクニックを取り入れてみると良いのではないでしょうか。

 

 

[ad#blogmura]

 

連語辞典をライティングに活かす

以前に電子辞書の記事を書きましたが、ライティングの時に重宝しているのが連語(コロケーション)辞典です。
鼻息を荒くして英語専門タイプの電子辞書を買った割には、購入当初は英和辞典や和英辞典ばかり使っており、英英辞典、類語辞典、連語辞典などはただ入っているだけの状態でした。

活用していますか?

最近の電子辞書はコンテンツが豊富なので連語辞典もしっかりと収められていますよね。せっかくの辞書ですからフルに活用してしまいましょう。
使っていない辞書がいくつもあった私ですが、しっかりとライティングに取り組むようになってからそれらの辞書を活用するようになりました。
英語の文章を色々と読んでいるうちに「この動詞はこうやって使われている」「この動詞はよくこの副詞で修飾されている」ということが感覚として分かってくるとは思いますが、いざ書いて実際に添削から返ってきたものを見てみると思い違いをしていたりすることもあります。

日本語の感覚ではいけない

例えば、「◯◯と深く関わっている」という文章を書こうとして、◯◯ is deeply related to…と書いて、deeply を closely に直されたことがありました。
つい日本語の感覚で関わるのは「深く」という感覚があったので書いてしまったのですが、連語辞典でrelated を調べてみると、closely, integrally, intimately, strongly で修飾すると書いてあります。(Oxford Collocations dictionary for students of Englishより)

添削を受けない場合は書く時には、今まで何気なく使っていたものを確認してみると意外な落とし穴を見つけることができるかもしれません。
添削で直してもらった場合でも、訂正後の表現を「なるほど!」で終わりにせず、辞書で再度確認することで例文を見ながら他の使い方もチェックすることでより表現の幅が広がります。

自然な英語を身につける

書く英文全てを添削依頼するわけにはいかないので、自然な英語を身に付けていくためにある程度集中して丁寧に調べながら書き続ける時期が必要です。もちろん書くだけではなく、なるべく多くの英語を読み、聞いて、自然な英語を体に染み込ませていってください。

※補足
同じ間違いをしている日本人学習者の例をあげて、データを集めている記事もあったので興味のある方は一度ご覧になって下さい。
http://www.lexically.net/TimJohns/index.html
上記URLのKibbitzer 17がrelatedに関連するページです。(PDF) 

[ad#blogmura]


SII 電子辞書 PASORAMA 英語モデル SR-G10001


CASIO Ex-word エクスワード 電子辞書 XD-B10000

文法書をライティングに活かす

中高生時代に文法を厳しく教えられたこともあり、その貯金を食いつぶす感じでその後はあまり文法をガツガツとやっておりません。しかし、英語学習者の悲しい性と言いますか、つい「この本はおすすめ!」「これは定番!」などど謳われている書籍が目に入るとつい購入してしまうことがしばしばあり、「ロイヤル英文法」も買ってしまった口です。

つい買ってしまったものの

5年以上前に英語学習を再開した時に購入したのですが、この頃はまだ目標もぼんやりとしていたことと、自分の実力がどの程度なのかも分からず、何から手をつけて良いか分からずにいました。そして無謀にも始めたのが、「ロイヤル英文法」を最初から読んで英文法をおさらいしよう!という苦行。
もちろん続くわけもなく、それからこの立派な装丁の分厚い本は本棚でしばらく鎮座することになった訳です。

きっかけ

このまま本棚の装飾品になってしまいそうだったロイヤル英文法を使い始めたのは英検1級のエッセイ対策を始めた時でした。

エッセイを書く時に一番気を付けていたのはエッセイのスタイルとロジックでした。文法的な事や自然な言いまわしかどうかは添削で直してもらえば良いと考えていたからです。
そのため、添削から戻ってきた時に添削された文法的事項をきちんと納得いくまで復習しました。そこで初めて眠っていたロイヤル英文法が役にたったのです。
私の利用していたサービスは英検1級エッセイ対策として特化したものではなかったので、文章中の文法的誤りを指導してくれるのみのシンプルなもので、先生によって差はあるもののなぜ間違っているかという説明がとても簡単なものが多かったこともあり、それだけでは分かりにくいものもありました。

文法書は読み物ではない

先生の説明だけではよく分からないものをロイヤル英文法で丁寧に調べて、なぜ自分の文章は間違いなのかを説明や例文を見ながらきちんと復習しました。特に冠詞を直されることが多かったので、しっかりと確認をしました。実際の自分の間違いを確認しているので、ただの読み物として勉強していた時にあった他人事のようなぼんやりした感じもなく、すっと頭に入ってきますし、記憶にも残りやすかったです。
必要な時に必要なところを利用し、身に付けていく。そういう使い方にしてから活躍の機会が増えました。

ちょっと付き合い方を変えて、使わずに放置してある文法書を是非利用してみてください。

[ad#blogmura]


ロイヤル英文法―徹底例解


総合英語Forest 6th edition

書くために読む The Elements of Style

今週末は英検の一次試験ですね。受験される方は前回の記事も参考にしてみてくださいね。

今日は英検一次試験のエッセイ対策にも使える The Elements of Style をご紹介します。
英文ライティングの参考書としても評判の高い本です。


The Elements of Style, Fourth Edition

本自体は100ページ程度の薄いもので、使われている英語も難しいものではないためにそれほど時間をかけずに読めてしまいます。
しかし、読むというよりも実際に文章を書く時に参考書として必要なところを活用していただければいいと思います。全体にさっと目を通し、どのようなことが書いてあるかを把握しておいて、必要な時に必要な項目を調べるという使い方でも十分使える本です。

内容

コンマやダッシュ、コロンなどの使い方が書かれたElementary Rules of Usageという基本的なルールの章から始まります。
そして Elementary Principle of Compositionとして、能動態を使う、不必要な語を省くなどといった、シンプルでわかり易い文章を書くための基本11項目が書かれています。これはエッセイを書くときに気を付けたいことばかりなので、一項目ずつしっかり確認してみてください。

誤って使ってしまいがちな語句の説明もあるので、自分は間違った使い方をしていないかをチェックするのに使えます。

最後のAn Approach to Styleには文章を書く際に気を付けるべきことが21項目挙げられています。これを一度読んで頭に入れておけば、目次に書いてある項目をチェックリストとして使うことができます。

まとめ

コンパクトに要点がまとめられているので、読むだけでライティング力が上がったような気分になってしまいますが、どんどん書いて、書きながらこの本でチェックするというように「読む本」ではなく「使う本」として利用してください。


The Elements of Style, Fourth Edition

[ad#blogmura]

英作文レベルチェックをしてみよう

自分で書いた英作文のレベルを定期的にチェックすることができたら、よりよい英文を書く励みになりますよね。今回は無料で英作文のレベルチェックが出来るサイトをご紹介します。

 

Bluecentauri は無料で英作文のレベル判定をしてくれるサイトです。使い方も簡単で、登録もいりません。

まずは、自分の作文をコピーして、四角の中にペーストしたら、Analyzeボタンを押すだけ!

 

結果はこんな感じ。

 

使用したのは私のブログ記事で使用した英文です。

 

Words Per Sentenceには、1センテンスあたり何語使用されているかが書かれています。10語以下のセンテンスが続いていると、子供が書いた英文のような雰囲気になっていまいます。あまり冗長になるのもよくありませんし、短いセンテンスをand やbut で連ねていくのもよくないとされています。ネイティヴ並みの「英語の書き方」がわかる本では、中学生で1センテンスあたり11ワード,大人で21ワード使用しているとのことですので、この数字を参考にするとよいと思います。

 

Flesch Reading Easeは、英文の読み易さを測るスコアです。1−100点まであり、点数が高いほど読みやすいとされます。こちらのサイトの説明では、60〜70がアメリカの中学2−3年生レベル、50−60が高校生、30以下が大学卒業レベルとなっています。こちらのサイトに日本語でのわかりやすい説明がありました。それによると、

“ザ・ハーバード・ロー・リビュー”というハーバード大学法学部の出版物は30点台前半のスコアがついています。リーダーズ・ダイジェストは65点、タイム誌は52点です。

とのことです。私の作文は59.77だったので、やっと中学を卒業したくらい、というレベルでしょうか…。

Fog Scale Levelは、文章とシラブルによって計算される指数のようです。Fog scaleが 5 は読みやすく、10から20になるに従い難しいとされます。New York Times の平均 Fog Index は11-12、Time magazine は約11だそうです。

Flesch-Kincaid Grade Level は、その英文を理解することの出来る学年のレベルをあらわしています。私のスコアは10.5なので、英語圏の10〜11年生(中学2−3年生)が理解できるレベルということです。

 

自分が書く英文が英語圏の学生と比較してどのレベルにあるのか。そして読み易さはどうか。ライティングの評価はなかなか評価が難しいですが、定期的にレベルチェックをすることで、幼稚な文章から脱却できるきっかけになるかもしれません。

[ad#blogmura]

 

 

ネイティヴ並みの「英語の書き方」がわかる本

 

 

Writing Tips 〜重複語をなくす〜

前回英作文ダイエットトレーニングの記事で、余分な単語をそぎ落とし、洗練されたタイトな文章を書くための参考書をご紹介しました。今回はそこで紹介された項目の一つである、”重複をなくす”について詳しく調べてみたいと思います。

 

英作文における”重複”とは何でしょう。同じ単語を何度も繰り返し使うのが一番わかりやすい例ですが、その他にも、あってもなくても意味の変わらない言葉も削除の対象となります。例えば、”foreign import”のforeign, ” “free gift,” のfree,  “personal opinion.”のpersonalなどです。importには”外国からの”という意味が既に含まれていますし、giftも贈り物なのでわざわざ”無料の”を付け足す必要はありません。opinionも個人の意見なので、personalをつけなくても十分意味が通じます。

また、“oval in shape,” “larger in size,” “shorter in duration,”の in shape, in size, in duration もoval, larger, shorter で状態が表わされていますので、意味の重複している言葉として削除対象となるようです。

 

200 Common Redundancies には、ありがちな重複例200がアルファベット順に記載されています。 例えば、

  • (brief) summary
  • emergency (situation)
  • (empty) space
  • (face) mask
  • meet (with each other)

などです。カッコの中の単語はなくても意味が通じるどころか、ないほうがスッキリします。日本人としては、何が冗長なのか基準がわかりにくいと思いますので、このページに挙げられた悪い例に目を通すことで、今後のライティングに活かせるのではないかと思います。

もっと詳しく知りたい方は”Writing, redundancy” でググってみてください。日本語で書かれたライティング参考書よりもわかりやすいページが見つかると思います。

 

 

[ad#blogmura]

英作文ダイエットトレーニング

自分の書いた英作文がなんだかぎこちない。もっさりしている。小学生レベルではないか・・・。と感じたことはありませんか。英語で文章を書く訓練を受けていない日本人が書いた英文は、余計な単語がいっぱいで読みにくいことが多いのではないでしょうか。英作文ダイエットトレーニング―余分な単語をそぎ落とし、タイトな文に! (楽英シリーズ) では、タイトでスッキリとした英文を書くための5つのコツが書かれています。

 

この本では、日本人が書く英語について、以下のように説明されています。

日本人の多くが、”洗練されたライティング”とは、複雑な文法と高度なボキャブラリーを駆使することだと信じています。そのため、日本人が書く英語は、単語数が多く文章が散漫で、ネイティブにとって理解しにくいものとなっています。

 

この文章を見た時、自分のライティングに関する考え方が間違っていたことを知りました。

この本に書かれている、洗練された文章を書くための5つのポイントは、

1. 重複をなくす

2. 前置詞を減らす

3. つなぎ語を排除する
4. 弱い動詞を取りかえる
5. 受動態をさける

です。これらの項目にそって、練習問題をこなしながら、これまでの自分のライティングの何が問題だったのか、どうすればすっきりとして読みやすい文章が書けるようになるのかが分かるようになっています。”due to the fact that”, ”in order to” なども学校で習った言い回しですが、この本では”wordy” であり、好ましくない例としてばっさりカットされています。自分では何が”もっさり”の原因なのか分かりにくいですが、この本を読むことで余分な贅肉をそぎ落とし、シンプルかつ伝わりやすい文章を書く方法を学ぶことが出来ると思います。

この本は、ある程度自分なりに英作文を書いてはいるものの、読みやすい文章が書けない・・と悩んでいる方にお勧めです。ほとんど英作文をしたことがない方は、この本を読んで”フンフン”と表面上納得しても身につかないのではないかと思います。まずはTime for Kids Ready, Set, Write!: A Writer’s Handbook for School and Home (Time for Kids Writer’s Handbook)などのネイティブの小学生向けのライティング教本で基本をおさえ、ある程度書いてみて自分の問題点をはっきりさせてからこちらの本に進まれてみてはいかがでしょうか。

[ad#blogmura]

英文添削オススメサイトELE

私が英文添削でお世話になっているサイトのご紹介です。Everybody Loves English.com は、LingQでチューターをしていらっしゃったジュリー先生が2008年に個人で立ち上げられた英語学習サイトです。オンライン英会話コースもありますが、今回は英文添削コースについて説明します。

 

まずはコース選択。English Writingのページでは、月会員などにならずに英文添削を提出できるページです。英文添削のレベルは5つ。

Basic

チューターによる添削と短いコメント。

0.03ドル/語

Grade Level

添削、レベル判定、短いコメント

0.04ドル/語

Double

訂正が必要な箇所がハイライトされた状態で返却されるので、自分で出来る限り考えて訂正してから再提出。その後、訂正を踏まえて再添削。短いコメントつき。

0.05ドル/語

Writing 

Recorded

Basic 添削に加え、出来上がった作文をチューターが読み上げ、添削とともにMP3形式でお返しします。コメントつき。

0.05ドル/語

Best Opition Double添削、レベル判定、レコーディングつき。詳細なコメントと、今後のライティングに関しての提案あり。

0.07ドル/語

 

添削のサンプルはコチラ。自分が書いた文章は左、先生の添削が右側になります。訂正箇所が赤、直されたほうが緑色と色分けされており、左右に見比べることができるので分かりやすいと思います。

基本となるBasicは0.03ドル/語なので、約300語の英作文で9ドルとなります。時間とお金に余裕がある方はDouble Correctionをお勧めします。これは、1回目の添削で間違い箇所を指摘されますので、自分でまず正解を考えてみる、という形式です。提出する前によく見直したつもりでも、意外とイージーミスをしていたりします。指摘された間違い箇所を出来るかぎり自分で考えて直していく訓練を積み重ねていくことで、次回以降のライティングに活かされてきます。”Your Writing Recorded”では、添削が済んだ英作文を先生が読み上げてMP3に録音したものが英作文とともに送られてきます。これは特に、スピーキング試験を控えている方に有用なのではないかと思います。先生は英語のネイティブスピーカーであり、標準的なアメリカ英語を話される方ですので、スピーチ原稿を書いたものの、発音に自信がない・・・という方は、録音つき添削を試されてみてはいかがでしょうか。

 

とにかく量をこなしたい!という人は、月会員のGold Memberという方法もあります。これは月89.99ドルで、Basic添削のワード数の制限がなくなったものです。添削の他に、先生オリジナルのWeb教材へのアクセスが可能になります。また、ELE内のスピーキングクラス参加料金が25%引きになるなどの特典もあります。

 

英作文を書いて希望の添削方式が決まったら、Word文書に書いてメールに添付するか、メールに直接書いて、タイトルをBasic Correctionにするなどしてjulie@everybodylovesenglish.comに送ります。(@を半角に直して送ってください。)支払いはPaypalかクレジットカードになります。基本的には作文を送って48時間以内に添削が返ってきますので、その時にメールで送られてくる請求書メールから支払う形になっています。

 

どんなことを書いて添削してもらうかはこちらの自由なので、日記のようなカジュアルで短めの文章を送ってもいいし、試験対策のためのエッセイを添削してもらうことも可能です。私は英検1級の英作文対策をジュリー先生のところでお願いしました。

 

完全に英語で書かれたサイトなので、敷居が高いと思われるかもしれませんが、個人で運営されているサイトなので、こちらの要望に対して柔軟に対応してくださるのが良い点です。もちろん先生の人柄もよく、信用できる方です。

 

興味はあるものの、英語でのやりとりに自信がない・・という方がいらっしゃいましたら、この記事のコメント欄にその旨書いてくだされば、ジュリー先生にこちらから連絡を取ることも可能ですので、気軽に声をかけてください。

[ad#blogmura]

 

 

 

英文添削を受けた後に

以前に英文を書いた後には添削を受けることがおすすめという記事を書きましたが、今回は添削を受けた後に私がどのようなことをしているかをご紹介します。

添削サービスや添削をする先生によって添削結果は様々です。文章全体の構成や別の表現を教えてもらえることもあれば、てにをはだけの添削もあります。
いずれにしても一人でぼちぼち書いているだけではなかなか気付くことができない間違いに気付くことができます。

しかし、「あー、なるほど。」とその場で思っているだけではせっかく受けた添削を次に活かすことができません。同じ間違いを繰り返すことは避けたいですね。

私は添削してもらったフレーズを専用のノートに書き出しています。
PC上でリスト化していけば次に英文を書く時に検索もしやすくて良いのですが、記憶に残りやすいのであえて書くようにしています。

どうしてもその場で覚えておきたい致命的な間違いの場合は、ノートに書き出した時に正しい表現を使って簡単な文章をいくつか書いてみたりして覚えてしまいすが、すべてをその場で完全に覚えてしまうことにはこだわっていません。その場で完全に覚えてしまうことがベストかもしれませんが、間違えたことさえ覚えておけばどのように添削されたかはノートを調べれば良いですし、そうやって繰り返して調べるうちに無理せず自然に覚えられます。

小さめのノートやメモ帳に書き留めておくと、ちょっとした時間で見直しすることができます。覚えてしまったフレーズもそのままになっているので、パラパラと見ながらもっと他の表現はないだろうかと考えるのも面白いですね。それによって表現のストックを増やしていくこともできます。

間違いをしっかりと認識し、自分の考えを英文で正確に伝えられるように、添削サービスをしっかり利用していきましょう。

Writing Tips 〜類義語辞書〜

英語で日記やエッセイを書くとき、語彙の選択範囲が狭いために単調で子どもっぽい文章を書いていませんか?

英語ライティングでは、同じ言葉の繰り返しは避け、より鮮やかにアクションを思い起こさせる特定の言葉を使うことが望ましいとされています。中学生レベルの英作文であれば、I think, I think, I want, I want, He said・・・と同じ動詞が延々続くのはしょうがないかと思いますが、大人になってもそのレベルでは精神年齢を疑われてしまいそうです。think, want, say などの言葉は多くの意味を持つ”general” な単語です。プライベートな日記なら、 I think を多用してもいいかもしれませんが、他人に読まれることを前提としたエッセイや試験問題のライティングでは、単調な文章は書き手の意図が伝わりにくく、読み手を飽きさせてしまいます。例えば I think なら、ちょっと思いついた、深刻に考えぬいた、熟慮した、思いを巡らせた、想像した・・などの意味が含まれます。日本語であれば、”〜と思った”の多用で済ませてしまいがちですが、英作文では”general” な単語である think の多用は避け、より限定的な”specific verbs” を使用するべきです。

簡単な言葉を形容詞で飾ることも推奨されないようです。例えば think hardならcontemplate, ask angrilyはdemanded など、アクションを一言で簡潔にあらわすことができる”強い”動詞を用いるべきとされています。簡潔で明瞭な文章をより少ないワード数で書くことが良いとされています。弱い動詞+形容詞の組み合わせよりも特定の強い動詞を使うことを意識してみてください。

具体的には、Thesaurus辞典や類義語・同義語辞書を参照するのですが、紙の辞書だと的確な言葉を探し当てるまで何度もページを行ったり来たりしなければなりません。オンライン辞書ならば、提示された類義語にリンクが貼られているので、リンクをたどってピッタリのニュアンスを見つけるのが容易です。

オススメのオンライン類義語辞典はプリンストン大学が無料で提供しているWordNet です。他にも無料のオンライン類義語辞書はありますが、ビキニ姿の女の子がチカチカ点滅する広告などが貼られているページが多いため気が散ってしまいます。Wordnetでは言葉の定義、類義語のセット、簡単な例文が広告なしで表示されます。シンプルですが十分だと思います。

WordNetのページを開いたら、左側のUse Onlineを開きます。

検索窓に調べたい単語を入力します。”think”を入れてみます。

そうすると、think に関連する言葉がずらずらと出てきます。believe, consider, conceiveなどにはリンクが貼られていて、それぞれにまた関連する類義語を集めたページに飛ぶので、例文を見ながらぴったりのニュアンスを探していきます。またリンクはありませんが、()の中味も参考になる単語があります。imagine, ponder などもthink をあらわすのに使えますので、下の例文まで見ることをオススメします。

WordNetを使うと知らない単語がさらに知らない単語を呼ぶ・・・と敬遠されるかもしれません。thinkを調べて reckon, conceiveなど分からない単語が出てきたら、英日辞書でもいいですので確認して使ってみると良いと思います。面倒ですが、練習の段階で一手間かけることで徐々に力がつきます。

いきなり上手な英文を書こうとしても書けるものではありません。ライティングの本に書かれている注意事項を守りながら、コツコツと言葉を積み上げていくことがライティングの上達につながるのではないでしょうか。

1 2 3 4