英検準1級二次試験 質疑応答対策


前回に引き続き、今回も英検準1級二次試験対策です。今回は質疑応答対策についてお話ししていきます。

質疑応答対策

質問は全部で4問あります。3問目まではストーリーに関することですが、最後はストーリーに関連した社会的な問題についての質問をされます。

注意することは、

・Yes, Noで答える場合は、しっかりと答えてから理由を述べる。
・意見を求められている場合は、意見をはっきりと述べてからサポートする理由を述べる。

この2点です。
理由は2,3文程度で良いので、いろんなトピックに対して答えられる準備しておきましょう。
準1級だけでなく、1級の過去問のトピックを利用しながら様々なトピックに触れておくことが大切です。
事前に色々なトピックについて少しでも考える機会をもっておけば、全く同じではなくても使えるトピックがでてくるはずです。
日本語でもいいので、普段あまり興味のない分野の情報もチェックしておくと気持ちにも余裕が生まれます。

面接は受験者の思想を知ろうと思って行われるのではありません。英語能力を計るために行われています。難しいことを言おう、カッコいいことを言おうと思わずに、素直に自分が話せる限りの正しい英語で話せば良いと思います。

誰かに聞いてもらうのが一番良いのですが、それができない時は自分のナレーション、質疑応答を録音してみてはいかがでしょうか。最近はICレコーダーなどの特別な機械を購入しなくてもPCや携帯電話で簡単に録音ができます。
実際に録音してみると、思ったよりも「え~」「あ~」と言っていたり、沈黙していたりします。一人で練習しなければならない時は、このような方法で自分のナレーション、質疑応答を客観的に分析してみると良いですね。

まとめ

決して黙り込まず、面接官の目を見てハッキリ明るく話しましょう。これはアティテュードの点数にも影響してきます。
緊張していても、うつむいたり、ボソボソ話したりしないように気を付けてください。
堂々と話すためにも、幅広いジャンルの話題に普段から目を向けておくことが必要です。色々なことに興味や疑問を持つことによって自然に色々な知識を得られるのではないでしょうか。

Leave a Reply