英検準1級二次試験 ナレーション対策


前回までは英検1級の二次試験対策についてお話をしてきましたが、今回から2回シリーズで準1級の二次試験対策について書いていきます。

試験概要

4コマで構成されるイラストのストーリーを説明し、そのストーリーに関する質問に答える。

試験の流れ

入室

フリーカンバセーション (2,3問)

準備 (1min)

ナレーション(2min)

質疑応答(4問)

ナレーション対策

初めて二次試験を受験されるかたにはまず旺文社から刊行されている英検準1級二次試験対策予想問題できちんと流れを掴むことをおすすめいたします。

この問題集には10問の練習問題、面接カード(10問分)、音声素材があるだけでなく、面接の流れやフリートークの準備に関することまで取り上げられているので、初めての受験で何が何だかわからない方の不安も解消するはずです。

2分間で4コマのストーリーを説明するためには、単純計算で1コマ約30秒必要です。
目安としてそれぞれのコマの「場面の状況説明」「人物の動作・心情の説明」を一文ずつは必ず言うようにするといいです。
問題集にはナレーション作りのコツも書いてあるので、それを参考にして自分の言葉で説明できるようにします。問題集には模範解答が掲載されていますが、余程話し慣れていないとあの内容を2分で言うことは難しいのではないでしょうか。決して丸暗記しないようにしてください。

自分が当日に1分間で構成を考えて2分間でナレーションできる内容はどの程度なのかを知ることも必要なので、練習の段階で模範解答を暗記してばかりいてもあまり意味はありません。
緊張して、焦って、どうにもならない時に口から出てくる言葉は、自分で一生懸命考えて自分の物にした言葉だけなのです。

問題集の丸暗記はお勧めしませんが、模範解答中の便利な表現や語彙は使えるように練習しておくと良いです。場面の切り替えや、感情表現は参考になるものがたくさん使用されています。

出題されるテーマは意外と身近なことについての話が多いので、新聞の四コママンガを英語で説明してみたり、自分の行動や感情を心の中で実況中継してみたりするのも一つの練習方法です。

まとめ

自分の言葉できちんと表現する力を付けることが必要です。
日常生活からかけ離れたような内容はほとんど出題されていないので、「◯◯さんがこういう状況で困っている」などという普段使いそうなフレーズをきちんと表現できるように、日頃から身の回りのことを英語で説明できるように練習しておきましょう。

1Pingbacks & Trackbacks on 英検準1級二次試験 ナレーション対策

  1. […] 英検準1級二次試験 ナレーション対策 […]

Leave a Reply