英検1級 リスニング対策 その1


英検1級単語対策、リーディング対策に続き、今回からはリスニング対策です。

前回の記事にも書いたように一応問題集は買ってみましたが、最初の数問を解いただけで飽きてしまいました。
準1級受験前に徹底して取り組んだ成果なのか、手に負えないような内容ではないと思えたので、過去問を解いてリズムをつかんだり、同程度の難易度のものをなるべくたくさん聴いていくことにしました。しかし、ただ漫然と聴いていてもいけないので、問題点を解決できるような聴き方をしようと考えました。

自分の問題点とは?

不合格だった1度目の受験時を振り返ってみると、放送内容を理解できるできないということとは別の問題点がありました。
それは集中力がないことでした。一旦解答で迷ったりするとそのことが気になってしまい、次に放送されているものを聞き逃してしまっていました。
対策としては、解答に迷わないほど完璧に聴き取れるようになることがベストなのですが、まず問題が変わったらそちらに気持ちを切り替えて(たとえそれに1問使ってしまっても)次に引きずらないようにする練習を全問題集を使って行ないました。

次に持久力がないことも問題でした。
筆記試験に集中しすぎて、リスニングが始まった時には疲れきってしまいなかなか集中ができませんでした。
適度な集中力で筆記試験を済ませる事は無理と判断したので、疲れている中でも集中できるようにするために、わざと仕事でクタクタになって帰宅した直後に数分のリスニング素材を聴いて内容理解できているかをチェックしました。その甲斐あって2度目の受験では集中力は落ちていたものの何とか最後まで持ちこたえることができました。

使用頻度が高かった音声素材

CNN English Express
茅ヶ崎方式月刊英語教本
The Japan Times NEWS DIGEST

などです。
これらを選んだ理由は、

1. 1級のレベルに対応できる難易度である
2. スクリプトだけでなく、内容理解のための質問が付いている

ということでした。
内容理解できているかどうかをチェックできるような問題が付いているものを使うと「わかったつもり」で聴き終えることを防げるのではないかと考えました。
The Japan Times NEWS DIGESTは1級にしては易しいような気もしましたが、理解度チェックだけでなく記事の背景解説もあり、最近の国内外の問題を取り扱っていることからエッセイやスピーチにも役立つと思い使っていました。

試験当日

邪道と分かりつつも合格のための戦略と割り切って問題の先読みをしました。
筆記試験で10分程度余らせてリスニング問題を一通りチェックしました。TOEICのように設問は記載されていませんが、選択肢を見ればどのようなことに気を付けて聴けば良いかが分かります。持久力のない自分の脳になるべく負荷をかけないようにするための作戦でしたが、前もってリスニングテスト全体を眺めることで気持ちを落ち着けることができたので効果があったと思っています。

まとめ

試験まではポッドキャストやネット上で聴くことができるインタビューやスピーチなど、
なるべく色々なものを聴くようにしていました。
もう私たち3人が何度も書いていますが、この段階で素材を選ぶときにはエッセイやスピーチに役立つよう意識して選んでいくことがおすすめです。少し意識するだけで、同じ時間をリスニングに費やしても後々の効果が違ってきます。
参考記事:英検1級 リーディング対策 yukomillennium編

1Pingbacks & Trackbacks on 英検1級 リスニング対策 その1

  1. […] 実際の試験でのリスニングの体感速度は、思った以上に速いです。英検1級リスニング問題150を自宅で解いている時よりも、もっと速く、聴き取りづらい印象を受けました。エミコフさんの記事にもありましたが、筆記パートが終わって集中力が切れてからのリスニングであることを注意していただきたいと思います。 […]

Leave a Reply